読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

焦っていいことはないから、もっと落ち着こうという話

こんにちは。上村です。


僕は、スーパーで買い物をして、たまに焦ることがあります。


それは、「レジ袋」


買った品物を、自分で入れるのですが、袋の両側が、
「ピタっとくっついている」ことがあるのです。


指でこすっても、なかなか開かない時がある。


意外にこれが焦る。


苦労して、やっと開いた時は、非常に嬉しいのです。


「君だけだよ」

というツッコミはなしでお願いします。(笑)


それにしても、レジ袋が開けにくいくらいで、なぜ焦るのでしょうか?


不思議です。


身の危険が迫っているわけでもないのです。


焦る必要なんて、これっぽっちもないですよね。


(このままレジ袋が開かなかったらどうしよう。
買った物を持って帰れないぞ)

という不安が、焦りを呼んでいるのかもしれません。


でもまあ、何とかなりますね。(笑)


いずれにしても、焦るほどのことではないのです。


しかし、こういうことってありますよね。


いや、レジ袋の話ではなく、「たいしたことでないのに、焦ってしまう」ということです。


そんな心理は、誰にでもあるのではないでしょうか。



例えば、昔の話ですが、職場で「封筒をテープでとめる」作業をしていました。


僕は黙々とテープ止めをしていました。


すると、近くにいた同僚が、非常にすばやくテープをとめている。


器用なのではありません。ずいぶん無理をしているようなのです。


それは急ぎの作業ではありません。


封筒の数も少ないので、焦らなくても即効で終わるのです。


「どうしてそんなに急いでいるの?」と聞くと、
彼は、「君に負けたくないんだ」と言う。


彼は、人に負けるのが、どんなことでもイヤなのですね。


こんなタイプの人は、ひょっとしたら会社にとっては有益かもしれませんが、個人的には疲れます。(笑)


いずれにしても、「焦る理由」がよくわからないのです。


「人に負けたくない」というのも、理由のようで、理由になっていません。


勝負事でもないのです。


でもなぜか焦ってしまうのです。


これは時代背景もあるのかもしれない。


特に今は、何かにつけて忙しい時代です。


仕事に追われ、家事に追われ、人間関係に追われ、恋愛に追われ、情報に追われ、時間に追われる時代です。


いろんなものに追われていると、焦らなくていいことまで焦ってしまうのです。


しかも焦ったからといって能率が上がるわけではなく、むしろ失敗が多くなって、かえって手間取ったりする。


どんなに忙しくても、心は冷静にしていないといけないわけですね。


例えば、恋愛でもありますね。


「好きな異性を、他の人にとられたくない」

だから焦って、しつこくする。


そして、かえって相手が遠ざかっていくことがあります。


焦っても、何もいいことはありません。


恋愛は競争ではないからです。


別に恋愛だけではありません。すべてのことがそうです。


落ち着くことです。


競争意識から抜け出して、もっと「自分本来の持ち味」を出していくべきです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
競争意識から抜け出して、もっと「自分本来の持ち味」を出していこう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク