読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

本音と建前の会話術


こんにちは。上村です。



「本音」と「建前」に注目すれば、話ネタができたりするものですね。



例えば、こんなことがあります。



僕の知り合いの話ですが、

彼は、「健康のために」ジョギングを心がけています。


でも、「健康のため」というにはかなり本格的。


猛暑であろうが、厳寒であろうが、


長距離をストイックに走っているのです。


健康のためというより、どちらかというと、肉体を痛めつけている感じ。(笑)


ある意味、スポーツ選手並みの運動量です。


僕は思いました。


本人は、「健康のために」と言っているが、

「健康だから」走れるのではないだろうか?


「健康のために走るのか」「健康だから走れるのか」


判断の難しいところです。



まるで「卵が先か、ニワトリが先か」みたいな話。(笑)



もちろん、本人は走りたいから走っているわけです。


「健康のため」は、サブ的な理由。

でないと、あんなに肉体を酷使できるはずがないのです。


「走るのが好き」というのが本当の気持ちです。

でも、彼は「健康のため」と言い張っている。


本音と建前ですね。


言い換えれば、「感情」と「理屈」のギャップ。



そういう点に注目すれば、会話が弾みますよ。



「もう十分健康だから、ジョギングやめたら」


と言ってみるのです。(笑)


もちろんジョークで、ですよ。


すると相手は、理屈で何か言い返してくるでしょう。


そこで話が発展していくというわけです。



相手の感情(本音)を見抜けば、心を揺さぶる言葉が言えるもの。



感情(本音)と理屈(建前)のギャップです。



そこに気がつけば、会話もバッチリですね。




1日10分で驚異的に愛される会話術~相手の心をひたすら掴む「悪魔的フリートークの技術」




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「感情」と「理屈」のギャップ。


それが会話を生み出します。


あなたの言葉は、相手の心を揺さぶるはずです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク