読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

あなたの価値は、あなたの「持ち物」で決まるのではなく、あなたが「何を目指しているか」で決まる

こんにちは。上村です。


「ストーリーを考えること」は、誰にでもあると思います。


小説の意味ではなく、

自分の未来を思い描くことですね。



例えば、恋愛でもありますね。


好きな人がいるとします。

その人と、(こういう恋愛がしたいなあ)と考えます。


「そのストーリー」に近づくため、相手に接近します。


ホメてみたり、頼りになるところを見せてみたり、共通する部分を探したり、二人の時間を作ってみたり、いろいろします。


ところが、意外にも、相手は反応してくれません。

全然、自分に関心を示してくれないのです。


いったいどうしたらいいのか?


焦りから、いっそう相手にしつこく絡みます。


しかし絡もうとすればするほど、
ますます相手との距離を感じてしまう。


この人は考えるでしょう。


(ここまで頑張っているのに、どうして?)
(自分の何が間違っているのか?)

と。


あなたは、この人の間違いがわかるでしょうか?


そう、この人は「根本的な勘違い」をしているのです。


何を勘違いしているのでしょうか?


それは、「頭の中のストーリー」です。


もちろん、理想を持つのが悪いわけではありません。


恋愛に限らず、誰もが理想を持ち、それを今の糧にしているでしょう。


理想を持つのはいいのですが、
この人が持っている理想は、理想のようでいて、少し違います。


理想というのは、あくまで、「自分自身に向けられたもの」です。


ところが、この人は、理想を相手に押し付けようとしています。


小説家なら、登場人物はみんな自分が考えたものですからいいのですが、現実はそうではありません。


相手には相手の理想があり、考え方もあるのです。


理想とは、自分に振り回される意味ではありません。


理想とは、自分を生かし、積極的に誰かの幸せに貢献していこうとすることです。


人は手に入らないものほど、その価値を高く考えてしまうもの。


それがますます「理想的な相手」を作り上げる。


こういう思考が、いっそう相手とのギャップを生みます。


あなたの理想は、相手を思い通りに動かして自己満足するような、そんな小さなものでしょうか。


それよりも、もっと「積極的にいいこと」を発揮していくためにあるのではないでしょうか。


そう考えるなら、あなたの理想は、必ず価値あるものを生んでいくでしょう。


他人よりも素敵な恋人を作ろうとか、羨ましがられようとか、そんな小さい考え方は捨てることです。


あなたの価値は、あなたの「持ち物」で決まるわけではありません。


あなたの価値は、あなたが「何を目指しているか」で決まっていくのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたの価値は、あなたの「持ち物」で決まるわけではありません。

あなたの価値は、あなたが「何を目指しているか」で決まります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、何をしても愛されないと悩んでいるなら、愛される方法があります。

それは、プレミアムメールマガジンに書いてあることを実行することです。





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク