読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「押しの一手」は、愛情ではなく、自分の都合という話

こんにちは。上村です。


日常で、「寂しい瞬間」がありますね。


どんな瞬間?


それは、「ジョークを言ったのに、相手が気付いてくれなかった時」です。(笑)

(これもジョークなので、笑ってください)


まあ、別にたいしたことではないですね。


でも、たったそれだけのことを気にする人もいます。


「自分はジョークのセンスがないのか」

と思ってしまう。


開き直って、「これから真面目な話しかしないぞ」と決心したら、かえって話が通じるようになるから不思議です。(笑)


でも、どうしてそうなのか?


リラックスしたからですね。


「ウケよう」「おもしろい話をしよう」と思えば思うほど、かえって相手は引いていく。


そんな経験が僕にもありますよ。


僕は、かつて予備校でクラス担任をしていました。


時に、「生徒を笑わしてやろう」と考える。


でも、同じような話でも、ウケる時とウケない時があるんですね。


意外にも、「これはおもしろい」と思うような話が、なぜかウケないことがあります。


(なぜだろう?)と考えました。


実は、非常に簡単な理由だったのです。


つまり、「早く結論を言いたがったから」なのです。


「おもしろい話だ」と思えば思うほど、早くオチを言いたくなってきます。


(ここでみんな大爆笑)と、勝手に妄想してしまう。


実際、話すタイミングとか雰囲気で、興味を引いたり、引かなかったりすることがあります。


これは単に会話の話ですから、大きな問題ではありません。


ところが、似たようなことを、人間関係でしていることがあります。


「早く親友を作ろう」とすればするほど、なかなかうまくできないこととか。


「早く付き合いたい」と思えば思うほど、相手が遠ざかっていくようなこととか。


つまりは、「結論」を意識しすぎるからなのです。


さっきの会話のように、最後を意識しすぎて、ぎこちなくなるのです。


「この人と付き合いたい」と思っても、それは「自分の都合」でしかありません。


相手には相手の都合があるでしょう。


自分のスケジュールを相手に押し付けようとしても、そうはいきません。


相手には相手のスケジュールがあるからです。


それを十分尊重し合うことから、深い信頼感も生まれていきます。


落ち着いた中で心を開き、自然に仲良くなっていくのが、きっといい関係です。


結論にがんじがらめになって、大切なことを忘れないようにしたいですね。



僕の文庫本を、直接ご自宅にお送りします。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「思いやり」と「焦り」は、関係ありません。

落ち着いた中で、真の思いやりが発揮していけるでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク