読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「存在が目に付いてくる」法則


こんにちは。上村です。



前回のブログ で、


「応援し始めたタレントが急に人気者になっていく」


というミステリー?の話をしました。



でも、タレントさんを、自分一人の力で人気者にすることはできません。


その秘密は、「応援する側の視点」にあるのです。



好きですから、当然意識しますよね。


雑誌にそのタレントが載っていたら、目につくでしょう。



新曲発売日が気になる。

出演番組をチェックする。

写真集を買う。DVDも買う。

いっそのことファンクラブにも入る。



そのタレントに恋の噂が立ったら、ショックを受けます。



要するに、自分にとっての「注目の的」なのです。


すると、「人気が上がってきた」気がするわけですね。



もちろん実際に、人気が上昇している場合もあるでしょう。



でもそれ以上に、ファンになることによって、存在が目に付いてくるわけですね。



自分が意識しているからです。



こういう心理は、日常でもありますよ。


好きな異性がいたら、その人がモテているように見えてくる。


あるいは、「モテている」という事実を意識したくないため、「モテない」と思い込もうとするとか。



これは結構複雑な心理状況かもしれない。



いずれしても、その人が実際にモテているかどうかではありません。



あくまで自分の主観的判断。


これを昔の人は「一言」で表現しました。



『あばたもえくぼ』と。



欠点も長所に見える心理ですね。



あるいは、長所が「最高の長所」に見える心理です。


「好きな人はモテるように見える心理」も、これと同じです。


好きな異性に近づいていく人間は、「みんな恋のライバル」になってしまうのです。


もちろん相手を理想化するところから、恋心は高まります。



それはそれで必要なことでしょう。


しかし、こちらがいくら夢中になっても、相手が振り向いてくれるとは限らない。


むしろ夢中になりすぎて、しつこい存在になってしまうこともあります。


だから、「理想化する心理」を自覚した方がいいのですね。



実物の相手より、かなり理想化していることを知る必要があります。


そうすればある程度冷静でいられます。



そこから恋愛(人間関係)がもっとうまく進められるというわけです。



したがって、相手が他の異性と仲良くしていても気にしてはいけないのです。



それはあなたの目が、そう見えているだけなのですから。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「好きな相手」は、理想化されていくものです。


時には客観的になろう。


それが「気持ちを平静にする秘訣」です。


気持ちが安定すれば、関係もうまくいくでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク