読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

相手の気持ちがわかってくる「本当の読心術」

こんにちは。上村です。


「集団」というのは、時にややこしいことがありますね。


「職場」など、まさにそうかもしれない。


いろいろな人がいるので、
主張が対立することもある。



例えば、同僚から飲みに誘われたとしましょう。


でも、断った。


すると、「付き合いの悪い奴」などと
言われてしまったこともあるかもしれない。


あるいは、わがままな上司や同僚がいたら、辛いでしょう。


気の弱い人にとって、職場は住みにくい。


では、いったいどうすれば
「住みやすく」できるのでしょうか?


実は単純だと思うのです。


なぜ疲れるかといえば、
「周りの思惑に振り回されているから」です。


(あの人は自分のことをどう思っているのだろう?)

と相手の気持ちを詮索してしまう。


「何か言ったら嫌われてしまう」と、妙なことを考える。


これは「思いやり」とは違いますね。


「自分がどう思われているか」を気にしているだけなので、
思いやりとは違うわけです。


思いやりとは、もっと明るく前向きなものです。


他人の気持ちを考えるというのは、詮索ではなく、思いやりなのです。



周りのことを詮索しても仕方がありません。


周囲の思惑に振り回されてはいけない。


人が何を考えているかなんて、
理屈で考えてもわからないですよね。


それより、職場なら
「今の自分のすべきこと」に気持ちを傾けるべきです。


別に社長のためではなく、自分のためです。


すべきことに集中するのは、余計なことを忘れるためです。


そんな風な態度でいると、
思いのほか、人間関係がうまくいったりするものです。


なぜか?


つまり、周囲の思惑を気にしなくなったからですね。


だからかえって関係がよくなるのです。


不思議なことに、周囲を詮索しなくなると、
かえって周囲の気持ちがつかめるようになります。



これがホントの読心術。


僕もそんな経験を何度かしました。


つまりは、自分で自分の首を絞めているだけだったのです。


周りは、自分の思惑とは関係なくどんどん進んでいきます。


だから考えても仕方がない。


そう思って、あれこれ詮索しなくなると、
グッと職場が楽しくなってくる。


肩の力が抜けるので、
かえって周囲と気兼ねなく接することができるのです。


自分が楽しい気分になれば、
周りも気さくになってくれるもの。


仕事にもいい影響が出るでしょう。


そうやって、どんどん好循環になっていくのです。



そしてこれは、恋愛でも人間関係でも、同じことなのですよ


相手の気持ちを考えて
ヘトヘトになっている人がいます。


でも、それは、さっきも書いた通りです。


相手の気持ちを考えているつもりのようで、
「自分がどう思われているか」が気になっているのだけなのです。



だから疲れる。


詮索をやめて、今すべきことに気持ちを傾けよう。


そこから、次への希望が湧いてくるものです。



こちらにも、「本当の読心術」が身につく方法を書いています。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
詮索をやめて、今すべきことに気持ちを傾けよう。

そうすれば、きっと前よりも、他人の気持ちがつかめていくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク