読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「人前で怒られて嬉しい人はいない」という当たり前のことを思い出す話

こんにちは。上村です。


今回は、「人間の気持ち」について考えてみましょう。


と言っても、難しい話ではありません。


例えば、「恥をかくのはイヤ」「怒鳴られるのはイヤ」というのは、誰でもそうですね。


当然でしょう。


怒鳴られて、嬉しい人はいません。
恥をかいて、楽しいという人もいません。


なので、例えば、しっかりした上司になると、人前で部下を怒鳴ったりは決してしないでしょう。


なぜなら、周りに人がいるからです。


「恥をかく」というのがどれほど辛いことか、よくわかっているからです。


本当に注意すべきことがあれば、当の部下を呼んで個人的に注意する。


注意されるのはイヤでも、誰かに見られているわけではないので、部下は素直に耳を傾けることができるでしょう。


もちろん、あまりにこっそり過ぎると、かえって陰湿に感じてしまうこともあるかもしれません。


その兼ね合いは、考えないといけない。


しかしいずれにしても、人前で誰かを厳しく叱ったり、怒鳴りつけるようなことは、決してしないことです。


一時的な感情に任せてそんなことをすれば、相手も傷つくし、結局自分自身も傷つきます。


あるいは学校でも、そうでしょう。


学校の方が、そういうことが多いかもしれませんね。


先生が、クラス全員の前で、一人の生徒を名指しで怒鳴る。


僕が学生時代に、そんな場面を何度も見ました。


僕自身もされたことがあります。


クラスメートの前で、教師に叩かれたこともある。


その時の恥ずかしさ、辛さといったら、今でも覚えています。


多くの人の前で、恥をかかせるような行為は、いけません。


人間心理を考えれば、当然です。


「人間心理」といっても、大げさものではありません。


誰でも持つ、「当たり前の気持ち」ですね。


「恥をかきたくない」というのは、誰でもそう。


ところが、どういうわけか、「当たり前の気持ち」を無視してしまうことがあります。


見当外れのことで、相手のことを「ああだこうだ」と考えている場合があるのです。


ややこしく考え過ぎて、素朴な気持ちを忘れてしまうこともあります。


日々様々なことに気をとられていると、こんな簡単なことを忘れてしまうのです。


わかっていながら、節操のないことをしてしまうこともあります。


「パワハラ」や「セクハラ」めいたことをする人もそうですね。


当たり前ですが、パワハラやセクハラをされて、嬉しい人はいません。


なのに、相手がイヤがることをしてしまうのです。


なぜか?


自分の感情に振り回されて、「素朴な人間の気持ち」を忘れてしまったからです。


そういう人は、やがて自分も、大変困った状況に追い込まれていくでしょう。


パワハラやセクハラをする人は、法律で裁かれるまでもなく、やがて自然に、自分の行為に対して責任をとらされる日がきっときます。


といっても、人のことはいいのです。


「自分がそんなことをしないこと」なのです。


「人の振り見て我が振り直せ」は、普遍的真理です。


仕事でもあるでしょう。


行き過ぎた「売上至上主義」が、粗悪な労働環境を作っていきます。


その結果、かえって顧客の信頼を失って、売り上げどころか、会社の存亡が危うくなることもあります。


例えば、さっきの学校の先生によくあるかもしれませんが、毎日生徒を叱っていると、「叱る」ということに不感症になることがあります。


もちろん、教師が生徒を注意できないのは問題です。


正すべきものは、正すことは大切です。


ただ、別に叱りつけなくてもそれはできるのです。


毎日義務のごとく叱っているのは、それは教育でも何でもなく、ただ単に感情を発散しているに過ぎません。


第一、自分のことを省みたら、そんなにいつも相手のことを叱れるものではありませんね。


いずれにしても、もっと「原点」に帰ろうではありませんか。


「原点回帰」ですね。


「素朴な気持ちを思い出すこと」です。


自分が恥をかくのが嫌なら、相手だって同じです。


自分がしつこくされて嫌なら、相手だってそうです。


これは価値観の違いなどではなく、誰もが持つ素朴な気持ちです。


「好きなあの人の気持ちがつかめない」

と悩んでいる人がいるといましょう。


悩みを解決するために、「特殊なこと」をしようとする。


しつこくしたり、見栄を張ったりします。


でも、そんなことをしても意味がありません。


かえって相手は、息苦しくなって逃げていくでしょう。


もっと「原点」を見つめることです。


「素朴な気持ち」を思い出すことです。


それが思いやりだと考えます。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
姑息なことをしているから、ますます行き詰っていくのです。

「原点」を思い出すことです。「素朴な気持ち」を思い出すことです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



僕が書いた、「真理的会話術」のE-Bookです。

あなたが会話で圧倒的な成果を出し、「恋愛や人間関係そして人生まで変えてしまう」魔法。

あなたの一生の「バイブル」にしてください。





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク