読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「おもしろくない人」の「おもしろい会話術」


こんにちは。上村です。



前回は、


「おもしろい話が、おもしろくなくなる理由」


でした。(笑)



前回はコチラ



なぜ、そうなるのでしょうか?



日常会話はスピーチとは違うということですね。



スピーチは、自分が一方的に話します。



それに、理路整然と話す必要がある。



なので、事前準備をしなければいけませんね。



でも、日常会話は違います。



あるいはスピーチでも、


ちょっとしたジョークを言う場合ですね。



この場合は、「準備のしすぎ」は禁物です。



話を事前に考えすぎると、

「自分の個性」が、話の内容に引きずられて、埋没してしまうのですね。


「自分自身」を表現することが大切なのに、

「話の内容」を伝えることが、優先してしまってるんですね。


もちろん、仕事上の伝達ならそれでいいでしょう。


でも、



「相手と親しくなりたい」

「友達になりたい」

「恋人になりたい」



そういう関係を望んでるなら、状況は違ってきます。


感情を相手に伝える会話が、必要になってくるのです。


そもそも、「おもしろい話」とか「笑える話」というのは、

その人のキャラクターが大いに関係してきますね。


ものすごくマジメで、冗談もあまり言わない人が、

無理やりギャグを言っても、

根っから愉快な人には、ちょっとかないません。


そういう場合は、

例えば、しんみりした話をするとか、

マジメ路線を突き進む話をして、

自分の個性を生かした方が得策です。


この方が、相手に印象に残ります。


確かに、楽しい人は、相手に関心を持ってもらいやすくなりますが、

それがすべてではありません。


「会話に個性を出す」ことが大事なのです。


「個性=おもしろい」

だけではないんですね。


もちろんこれも一つです。


でも、


「個性=マジメ」かもしれないし、

「個性=誠実」かもしれない。

「個性=優しい」ということもあります。


人によって、にじみ出てくる性格は様々。


だから、そんなあなたの個性を、

そのまま会話にぶつけてみればどうでしょうか?



相手に対するインパクトが、今までよりはるかに大きくなりますよ。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分の性格を生かした会話をしよう。

個性を相手に伝えることで、あなたの会話は魅力的になります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン


1万人を虜にする魅惑のトーク術 では、


さらに濃密な「恋愛人間関係ノウハウ」「トーク術ノウハウ」を配信しています。



購読は無料。ぜひお読みくださいね。

1万人を虜にする魅惑のトーク術




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク