読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

ややこしくなった時は、素朴なことを思い出せば、きっとよくなっていく話

こんにちは。上村です。


学生時代に、学校の先生から、たまにこんなことを言われたことがあります。


「社会に出たら甘くない」

と。


学生だった僕は、何となくシラけたものです。


「社会に出たら」って、そんなことを言われてもわからない。


心に響かなかったのですね。


社会がどうかではなく、ピンとこなかったからです。


第一、「社会に出たら」と言われても、学生には学生の辛いことがあります。


学校やクラスが嫌な場合もありますし、勉強で辛いことがあるかもしれない。


嫌な教師がいるかもしれない。(笑)


受験勉強もあります。


それに、「社会」と大げさに言っても、学校だって社会生活なのです。


誰の人生も、その時代その時代で、楽しいことや辛いこと、嬉しいことや苦しいことがあります


もちろん、その先生が親切心でそう言ったのならいいのです。


でも単に、生徒に言うことをきかせるためのものなら、言葉が心に響かなくて当然です。


「下心ある言葉」では、誰の心にも響かないものです。


では、どうして「下心ある言葉」がダメなのでしょうか?


そういう言葉は、「本質を外しているから」です。


「正しい動機」こそが本質なのです。


さっきの言葉で言えば、本当に生徒の未来のためを考えて言ったのなら、それは正しい動機です。


でも、本当に考えているなら、もう少し気の利いた言い回しができるものだとは思います。


例えば、こんなこともあります。


「わからないことをわからないと言えない」人がいます。


「わからないと言ったら、怒られるのではないか」
「わからないと言ったら、馬鹿にされるのではないか」

とそんな風に考える。


しかし、これも本質を外しています。


だってわからないものはわからないのですから。


怒られようが馬鹿にされようが(実際はそんなことはないと思いますが)、事実はそうなのです。


わかっていないのにわかったふりをしていたら、相手も誤解するでしょう。


職場などでもありますね。


怖い上司に対して、「わかりません」と言えないようなことが。


思わず知ったかぶりをして、後で困ったことになったりとか。


「嫌われたくないから断れない」

という人も同じです。


断るべきことがあれば、断っていいのは当然です。


断れなくて、誘惑のおもむくままに従っていたら、自分が後で困ったことになります。


自分の人生の主催者は、「自分自身」です。


我々は、どうでもいいことにとらわれ過ぎているのです。


「馬鹿にされるのではないか」「嫌われるのではないか」「無視されるのではないか」

など、意味のないことを恐れます。


その結果、かえって嫌われるようなことをしてしまう場合があります。


別に自分一人がどう思われようと、たいしたことではありません。


姑息なことばかり考えると、「本質」から遠ざかっていきます。


作戦ばかり考えて、本質を外していることがあります。


人間関係の極意など考えて、素朴な思いやりを忘れていないでしょうか。
恋愛術など考えて、相手の気持ちをないがしろにしていないでしょうか。



大切なのは、「極意」や「術」ではありません。


もっと「素朴なこと」が大切なのです。


人間関係も恋愛も、「素朴な思いやり」があればそれで十分です。


それが本質だからです。


「思いやりが通じない相手にはどうしたらいいか?」

などと言う人がいます。


でも、それこそが、余計な考えです。


通じない相手にばかりこだわって、通じる相手をないがしろにしているから、そういった考え方になってしまうのです。


通じるところに、風を吹かしていけばいいのです。


「本質を大切に」

すべてはそこにかかっています。



僕の文庫本を、直接ご自宅にお送りします。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どうでもいいことにとらわれてはいけません。

人間関係も恋愛も、「素朴な思いやり」があればそれで十分です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク