読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「終末」など信じてはいけない話


こんにちは。上村です。



古来から、『終末予言』というのがあります。



いつの時代にもそういうものを触れ回る人がいて、その度に人心を惑わしてきたのです。



例えば、「ノストラダムスの大予言」というものがありました。


20世紀末に、あれだけ話題になったのです。



ノストラダムスの言葉を、独自に解釈して、「世紀末に恐ろしいことが起こる」と言いまわっている人もいました。



冷静に考えたらメチャクチャでも、世の中を悲観的に見ている人にとっては、それなりにリアリティーを感じる場合があります。



自分の悲観的心情が、「悲観論」とリンクするからですね。


予言を信じて、自堕落な生活を送った人もいたらしい。


本気で「終末」を信じたのですね。


でも、当然ですが、結果的に何もなかったのです。



しかし懲りない人はいます。



また新たな「終末予言」を触れ回っている人がいるのです。



そして、一部ではあるもののそれを信じる人が出てきます。



この種の終末予言は、歴史的に見ても何度もありました。


現代でも、そういうことを信じる人がいるくらいですから、昔の人々ならなおさらでしょう。

迷信が人々の心に影響していた時代。


そんな時代に、「終末思想」がウワサになったら、多くの人々が信じて不思議ではありません。



しかし実際は、終末どころか、今も人類は繁栄を続けています。



混乱を極めて、もう先が見えないと思われた時代であっても、決して滅びることはなかったのです。



人類は、どんな局面になっても、この先もずっと繁栄し続けるはずです。



恐怖心を払拭して理性的になるなら、それは必ず確信できます。



ところで、こういう「終末思想」は、社会的な話だけではないですね。


個人にもあります。


自分で勝手に、「好きな人との終末思想」を作り上げている人です。



「もうダメだ。恋人ととうまくいかない」


と考えてしまい、お先真っ暗になっているのです。



自分の「終末思考」に振り回されているのですね。


もちろん恋愛ですから、不安になることもあるでしょう。


しかし、そういう「終末思想」を信じるか信じないかは、自分にかかっているのです。


不安になっても信じなければいいのです。



もっと理性的になる必要があります。



ところが、理性を忘れて、「妄想」を信じてしまうとどうなるか?


その疑心暗鬼から、かえって相手に余計なことをしてしまう。


余計な干渉をしたり、シツコクなったりする。


すると結果的に、本当に「終末」が訪れてしまうのです。


自分で勝手に終末を起こしたのですね。


それはさしずめ、地球滅亡を信じて、自暴自棄になった人と同じです。



「終末」など信じなければ、彼らはマトモな生活を送れたのです。



以前も、テレビを見ていたら、「陰謀論」をテーマにしていました。



「世の中の大事件は、裏で強大な陰謀が働いている」


みたいな内容。



エンターテイメントとしてはおもしろいですが、実際は、そんな陰謀などありません。



未来を暗く考えてはいけないのです。



一時的にはいろいろなことがあるでしょう。



でも、長い目で見れば、繁栄は続きます。


冷静に考えれば、もっと希望ある未来を想像できるはずなのです。



また、自分の力で、そういう未来を作っていく必要があります。



「社会改革」とかそういう大げさな意味で書いているのではありません。



あくまで個人的な意味です。



自分で「自分自身のいい未来」を作っていくのです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分で「自分自身のいい未来」を作っていく。


そう決心すれば、「希望ある未来」が見えてくるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク