読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「超合理的会話術」の極意


こんにちは。上村です。



前回は、


「年賀状は、何の意味があるのだろう?」


というお話をしました。(笑)



年賀状を送ったからといって、親密な関係になるわけでもありません。



しかし、そこにも意味を見つけ出すことができます。


合理的に考えると、無駄なことでも、


「超合理的世界」では、それが当たり前のことだってあるのですね。



超合理的世界といっても、オカルトではありませんよ。(笑)



例えば、「もてなし」ってありますね。



「もてなし」というのは「超合理的世界」なのです。



もてなしというのは、直接的な利益を生むわけではありません。



「はい、もてなしたから、1万円」


ということではない。(笑)



なので、目先の利益ばかり考えると、この種のことが無意味なように感じてしまう。



しかしです。



我々は、そんなことに関係なく、もてなしをしますね。


正月に親戚が集まってくれば、相応に歓待をするのです。



それはいつかは自分にハネ返ってきます。


いや、ハネ返ってくることも意識せず、もてなすわけです。



そこから何かが生まれるわけ。



「何かって、何?」


と考えてもいけない。(笑)


回り回って、自分の利益になるかもしれません。



そうなんですね。



無駄なこと大いに結構。


どんどん無駄なことをやりましょう。(笑)


もちろん仕事で無駄なことをしていたら上司に叱られますが、私生活ならいいのです。


「無駄なこと」から何か生まれるかもしれない。


「無駄なこと」の中に、いいことが隠されているかもしれないのですから、人生は油断なりませんね。



そう考えると、


何の変哲もない会話に、何か意味が生まれてくるかもしれませんね。


逆に「結果を求める会話」は、えてして何も生まないのです。



通りすがりの女性に、「僕と付き合ってくれますか?」と言うようなものですね。(笑)


これは、会話に結果を求めています。


「相手が付き合ってくれる」という結果ですね。


しかし成功するはずがありません。



でも、無駄な会話を「気楽に」できる相手なら、


そのうち仲良くなって付き合うことができるかもしれない。



「会話も沈黙も平気」


というのが、「気楽」という意味ですね。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会話に結果を求めてはいけない。


結果を求めない会話から、結果が生まれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




1日10分で驚異的に愛される会話術~相手の心をひたすら掴む「悪魔的フリートークの技術」





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク