読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

嫉妬心と焦りは、悪魔の使いだから、無視するべき

こんにちは。上村です。


以前、ある「中華料理店」に行った時の話です。


僕はカウンターに座っていました。


すると隣の男性客が、
厨房にいた店員に声をかけたのです。


「オーダー通っているの?」

と。


自分が注文した料理が、ちゃん伝わっているのか、
不安になったのですね。


男性客さんが注文したのは、「チャーハン」です。


ところが厨房を見ても、
一向にチャーハンが作る気配がない。


それどころか、店員同士、雑談している。


(いったいどうなっているんだ?)

とシビレをきらしたのでしょう。


確かに気持ちはわかります。

でもこれは早計。


というのも、彼は、
「ギョーザ」もあわせて注文していたのです。


ギョーザはできあがるまで、少し時間がかかる。

チャーハンは、一瞬。


店のチャーハンは、本当にすばやくできますからね。


なので、調理人は、ギョーザがある程度焼きあがるまで、チャーハン作りを待っていたのです。


落ち着いて考えればわかりそうですが、
その男性客さんは相当お腹が空いていたのでしょう。(笑)


そこで僕は思ったのです。


調理人は、サボっていたわけではない。

あくまで、「ギョーザ待ち」をしていた。


もし、チャーハンを先に作ったら、どうなるでしょうか?

ギョーザが出来上がるまで、チャーハンが冷めてしまう。


レンジでチンしないといけなくなります。(笑)


では、作ったチャーハンを、
先にお客さんに出したらどうなるか?


お客さんは、チャーハンを食べ終わって、
まだ相当時間、ギョーザが出てくるのを待たないといけない。


サービスとしては、チャーハンとギョーザをそんなに時間差なく出すのが、適当ですね。


「チャーハンを作る調理人」は、休んでいるように見えます。


その実、休んでいるのではなくて、ちゃんと仕事をしていたのです。


「待つ」という仕事をしていたのですね。



ところでこれは、仕事に限った話ではありませんね。


恋愛や人間関係でも、
「待つ」ということが必要な時があります。



と言っても、
「振り向いてくれるまでいつまでも待ち続けます」
という演歌的な意味ではありません。



例えば、職場で、仕事を多く抱えているのに、結構余裕の人がいますね。


一方、バタバタしていても、
あまり能率が上がっていない人もいます。


成果を上げているのは、「デンと構えている人」であったりします。



恋愛や人間関係も同じなのです。


追いかけているからといって、
相手の心をつかんでいるわけでもないのです。


機関銃のように話しても、相手が心開くわけではありません。


好きなあの人が、他の人と仲良くしていても、気にしてはいけない。


そんなことを気にするから、
ますます自分に自信がなくなってしまうのです。


「嫉妬心は悪魔の使い」です。


もちろん、恋愛に限った話ではありません。


何事もヤキモキしてはいけないのです。


嫉妬心に支配されそうになったら、
断固拒否することです。


嫉妬心そのものが、うまくいかない理由なのですから。



嫉妬心を捨て去ってしまえば、愛される自分が発見できます。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
嫉妬心は、悪魔の使いです。

動揺しないで、落ち着いて構えていれば、きっと状況もよくなっていくでしょう。

あなたの姿勢が、それを引き付けるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク