読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

『過ぎたるはなお及ばざるが如し』な恋愛の話


こんにちは。上村です。



以前、ある人と会話をしていて、驚いたことがあったのです。



その時僕は、ちょっと冗談を言ったのですね。


自分で言うのも何ですが、全然おもしろくないジョーク。



ダジャレを、つい言いたくなるのは、なぜだろうか?(笑)



もちろん、そんなジョークは流してくれていいのです。



というか、流してほしい。



ところが相手は、驚くほどの反応でした。


大声で、「ハッ、ハッ、ハッ」と笑ってくれたのです。



でも相手の顔を見ると、目は笑っていなかった。


気を遣ってくれたのでしょう。


妙に気を遣わせて、申し訳ないような気がしました。



しかしよく考えてみると、僕自身も、愛想笑いならぬ、「愛想爆笑」をすることがあります。



相手の冗談に、必要以上にケタケタ笑ってしまう。


どうしてそんなことをしてしまうのでしょうか?


もちろん相手に気を遣っているからですね。


しかし、愛想笑いならともかく、「大笑い」までする必要はありません。


ささいなジョークで爆笑したら、かえって失礼かも。(笑)



ホメ言葉だってそうです



たまのホメ言葉なら嬉しいもの。



でも、毎日しつこいくらいにホメられたら妙な気がします。


(何か企みでもあるのでは)と思ってしまう。



特に恋愛では多いかもしれません。



ホメたら好かれると思って、好きな異性をしつこくホメる。



もちろんホメられたら嬉しいですが、それも限度があります。



自分自身でいいと思っていないようなことをホメられても、どう反応していいかわからなくなる。



中には、ホメることがうまくいかないと、逆に相手をケナス方向に行く人がいます。



こうなったら、もうどうしようもないですね。



好きな思いがねじ曲がってしまうとこうなります。



いずれにしても、極端な行為は決してよくないのです。



これを昔の人は、うまい表現をしました。


『過ぎたるはなお及ばざるが如し』


と。



「焦ってし過ぎるのはよくないですよ」


ということですね。



「恋愛」を振り返ってみると、それは頷けます。



不安から、必要以上に相手にしつこくする。



いつも絡んでいないと気が済まないのです。



「過ぎたるはなお及ばざるが如し」的なことを何度もする。



後で振り返って、愕然とすることもあります。



例えば、あなたが学生時代に、こんなクラスメートはいなかったでしょうか?



あなたが、何か意見を言います。


「そうだ、そうだ、ホントその通り」と必要以上に同意してくる人です。



「本当にわかっているのか」と思ってしまいますね。



わざとらしい過剰な反応は、逆に誠意を疑われてしまいます。



「相手の目を見て話せ」と言われますね。



もちろん正しいのですが、「目を見ろ」といっても、「凝視しろ」という意味ではありません。



それを勘違いして、やたらに「目力」を込めて異性を見る。



恋人でもない相手にそんなに凝視されたら、相手は逃げたくなります。



「過ぎたるはなお及ばざるが如し」になるのは、わざとらしいからですね。



「わざとらしさ」はいらないのです。



もっと普通でいいのです。もっと自然でいいのです。



愛してくれる人は愛してくれるのですから、必要以上に肩に力を入れなくていい。



もっと「素朴な自分」に自信を持つことです。




今回のまとめ

━━━━━━━━━━━

「わざとらしさ」はいらない。


平常心でいいのです。

━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク