読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

ホットプレートの会話術


こんにちは。上村です。



前回のブログで、


「パーティーで浮いてしまったB君の話」


をしました。



本来は楽しい場なのに、B君はとても「寂しい思い」をしたのですね。



後からB君は考えた。


(どうして話に加われなかったのか・・・?)


と。


自分だけ、なぜ浮いてしまったのか?


数合わせで呼ばれたから、やむをえないと言えば、やむをえないかもしれない。


でも、それだけが理由ではないでしょう。


そこで、B君の替わりに、僕が理由を考えてみます。(笑)


まあ、僕自身、若い頃はイヤというほど、同じような経験をしたものです。


だから理由はよくわかる。


これを解く鍵は、「ホットプレート」にあるのです。(笑)



「ホットプレート」については前回に書きましたね。



男性の一人が、ホットプレートを持参した。


パーティーで使うためですね。



ホットプレートの話題で、みんな盛り上がったのです。



その男性に密かに好意を寄せている女性も、格好の話ネタを見つけて喜んでいた。



あの時、B君は、


(ホットプレートがどうであろうと、自分には興味ない)


と思ってしまったのですね。


自分が持ってきたホットプレートじゃないし。


しかも、女性たちは、B君のことに全く関心がないのです。


彼女たちが、ホットプッレートで盛り上がっているからといって、それに反応するのも悔しい。(笑)


しかし女性の気持ちはともかく、


話自体は、ひょっとしたらおもしろい話であったかもしれないのです。


ホットプレート自体はおもしろくなくても、


ホットプレートを持ち出して、何とか男性のハートを射止めようとしたその女性の行動は、興味津々に思えるものだったはず。


でもB君は、そういうことに全く興味が持てなかったのですね。


やはり、プライドが邪魔をしていたのでしょう。


こういう場合は、プライドなど捨てて、ホットプレートに夢中になればよかったのです。(笑)



楽しい会話とは、そういうものですね。


無機質のホットプレートから、楽しい気付きを得ることなのです。(笑)



もちろんホットプレートでなくても、何でもいいのです。


つまらないものから、何かが発見できる。


それがおもしろい会話につながっていくわけです。


何でもそうですが、観察していれば、それなりに「興味深い事実」に気がつきます。



ハナから「興味ない」と思わずに、


「ホットプレート、うわっ、興味ある」と思えばよかったのですね。(笑)



こういうのを、


★ホットプレートの会話術


と命名しましょう。



あっ、もちろんホットプレート自体とは何の関係もありません。(笑)




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つまらなさそうなことも、おもしろさが潜んでいます。


それに気が付けば、どんな状況でも、楽しく過ごせるはずです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク