読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

なぜ笑顔なのに相手が逃げていくのか?


こんにちは。上村です。



「笑顔」とは難しいものですね。


いきなり何を、って感じですが、


まあ聞いてくださいね。



ある男性がいたのです。



彼は、恋愛に悩んでいた。


人間関係にも悩んでいたのです。


要するに、人と親しくなれないわけ。



そこで、状況を変えようと、書店で本を買ってきた。


「恋愛成功法」


みたいな本ですね。


そこにこんなことが書いてあったのです。


★笑顔で人と接しよう


と。


まあ、ベタなノウハウですが(笑)、彼は真面目。


さっそく実践しました。



元々彼は、笑顔を作るのが苦手だったので、頑張った。


片想いの女性に、常に笑顔を向けます。


上司にも。そして同僚にも。


その結果どうなったか?


比較的人間関係はよくなったそうです。


確かに、ニコニコ笑っている人を見て、悪意を抱く人はいないでしょう。



では、恋愛はどうか?


好きな彼女は振り向いてくれたのか?


ここが肝心ですね。


結果は、NO。



残念ながら、好意を持たれることはなかったそうです。


いや、どちらかというと、もっと避けられるようになったらしい。(笑)


笑顔を向けても、仲を進展させることはできなかったのです。


むしろ逆効果。


(笑顔が愛されるなんて、誤解だ)


と彼は思ったのです。


それから彼が、好きな女性に「恐い顔」を見せるようになったかは、寡聞にして知りません。(笑)


いずれにしても、彼は、「笑顔」というものに疑問を持ったのですね。


役に立たないと思った。


でも、本当に笑顔は意味がないのでしょうか?


笑顔を作っても、仲良くなれないのでしょうか?


あなたはどう思いますか?



もちろん、これは笑顔の責任ではありません。



「笑顔を向けたら愛されるだろう」と思ったことが、失敗の原因です。


そんなおもしろくもないのにニヤニヤ笑っている人をみたら、どうなるか?


「何か不気味だなあ」ってなりますよね。(笑)


試みに、あなたが嫌われようと思ったら、簡単です。


「わざとらしい笑顔」を、常に相手に向けたらいいのです。


そして大げさに笑ってみる。


すると見事に相手は引いていくでしょう。


こうなると、本来は好かれる笑顔が、逆の結果をもたらすのです。



彼の場合、人間関係がよくなったのは、わざとらしさがあまりなかったからです。


ところが恋愛は相手が異性なので、露骨にわざとらしくなったのですね。



わざとらしさは人をシラけさせる。



「笑顔」については、基本的なことが大事なのですよ。



つまり、


★心の笑顔になろう


ということです。



「表面的な笑顔」は、二義的なものですね。


わざとらしい笑顔は必要ない。



「ごく自然な笑顔」こそ相手を引き付けます。



「心から」が大事なのですよ。




ところで、今のは笑顔の話ですが、これは広く会話術にも当てはまりますね。



次回にそれについて書いてみましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━

「心の笑顔」が人を引き付ける。


表面的なことではないのです。

━━━━━━━━━━━━━




1日10分で驚異的に愛される会話術~相手の心をひたすら掴む「悪魔的フリートークの技術」





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク