読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

恐怖は、自分が勝手に作り出したもの

こんにちは。上村です。


あなたは、『魔女裁判』というものをご存知でしょうか?


中世ヨーロッパ等で起こった、「魔女」に対する裁判ですね。


魔女といえば、『魔女っ子メグちゃん』(年がわかる)とか、可愛いアニメを連想するかもしれません。


しかし、中世の「魔女裁判」は、そんなものではありません。


恐ろしい出来事だったのです。


例えば、「あいつは魔女に違いない」というウワサが立つとします。


すると、逮捕されて取り調べを受ける。


ちなみに、魔女にされたのは、女性に限らず、男性もいたらしい。


取調べの結果、魔女だとわかったら、迫害を受けるのです。


しかし、「魔女の証拠」なんてどうやって見つけるのでしょうか?


もちろん見つかるはずもありません。


魔女などいないのですから。


自白を強要し、それを証拠にする。


「アイツは魔女だと認めたから魔女だ」

と。


実にむちゃくちゃな話です。


理不尽極まりないことが、中世では起こっていたのですね。


いったん魔女だとレッテルを貼られると、そこには理性など働きません。


魔女というのは恐怖の対象ですから、「早くどうにかしろ」となって、数多くの人々が迫害されたのです。


それに異議を唱えたら、「魔女をかばうあいつも魔女に違いない」と疑われる。


恐怖からみんな口をつぐんでしまって、結局わけのわからない裁判が延々と続いたのです。


「迷信極まれり」の状態だったのです。


どうして、こんな馬鹿げたことが平然と行われていたのでしょうか?


いろいろな事情があるのでしょうが、一つには「社会不安」があったのかもしれません。


いつの時代にも社会不安はありますが、中世は「迷信」が幅を利かせていた時代。


その恐怖心が、魔女というものを作り出し、それを迫害する雰囲気が生まれたのです。


いわば、「集団ヒステリー状態」です。


でも、これは何も集団に限った話ではありません。


個人でもあることですね。


恐怖にかられていたのでは、正しい判断ができなくなります。


恋愛や人間関係でも、最初は好きだから付き合っていたのに、次第に「フラれるのが怖い」「嫌われるのが怖い」という気持ちになる。


すると、元来楽しいはずの付き合いが、恐怖心を解消するための付き合いになってしまう。


これではうまくいくはずもありません。


自分も相手も辛いだけです。


自分で「迷信」を作り出して、勝手に怖がっているのです。


今一度、落ち着いた、素朴な気持ちを思い出すことです。


理性的になってみることです。


そうすれば、「前向きな考え方」を取り戻していくことができるでしょう。


自分の環境に、いい影響を及ぼすでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自分で勝手に恐怖を作り出してはいけません。

もっと落ち着くことです。

正しい考え方に、恐怖のつけいる隙はありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この度、僕は本を出版しました。あなたに心の癒しと、前向きさをもたらします。「本当のあなた」を見つけていただけるでしょう。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク