読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

大切なのは、「社会人として」ではなく、「自分自身として」


こんにちは。上村です。


人を行動に駆り立てる場合、
二つの「下手な方法」があるのをご存知でしょうか?


「下手」なので、当然オススメできない方法です。(笑)


まずは一つ目。

『相手に罪悪感を感じさせて、行動させようとする』


その行動をしないことが、
まるで人として許されないことであるかのように言うのです。


「まさか行動しないなんて、そんなことないよね。心ある人ならみんなするはずだよ」

などと言う。


「煽動家」に、このタイプがいます。

やっかいなタイプです。


職場にもいるかもしれませんね。


例えば、社内の打ち上げに欠席するとする。


「社会人としてそれはマズイんじゃないか」

などと言う。


当然ですが、「打ち上げ」と「立派な社会人」とは、何の関係もありません。


打ち上げにいくら参加しても、人間的に立派になるわけでもありません。


でも、そういった相手の「罪悪感」をつくことで、行動させようとするのです。


では、もう一つの下手な方法とは、何でしょうか?


それは、『危機感をあおり立てる』ことです。


これも煽動家に多いですね。

「大変だ大変だ」と騒ぎまくるのです。


「上司が交代する、大変だ」
「恋人が冷たくなった、大変だ」
「危機が迫っている、大変だ」
「とりあえず、大変だ」

みたいな。


「そんなバカなことがあるか」と一笑に付すと、
「お前はノー天気だ」などと言われる。


そうして巧妙に人を行動させようとするのです。


しかし、僕はハッキリ言いたい。


このような、罪悪感や危機感をあおって他人を行動させようとする人は、
やがてうまくいかないことに気付かされるでしょう。



いずれ、自分自身も同じような目に合ってしまう。

なぜなら、「恐怖心」を刺激して行動させようとしているからです。


罪悪感を刺激するのは、
「人間性が悪いと思われたくない」という恐怖心を刺激している。

危機感を刺激するのは、
「ヒドイことになるのではないか」という恐怖心ですね。


そのような恐怖心を駆り立てているのです。


恐怖心から慌てて行動すると、悪い結果を引き起こしたりします。


「恋人をとられる」という恐怖心を持った人が、おかしな行動をしたりとか、そういう事もありますね。


歴史的にも、このようなことはありましたよ。


かつてオイルショックの時に、
「トイレットペーパーがなくなる」というウワサが広がった。


みんながトイレットペーパーの買いだめに走って、パニックになったのです。


これもまた、恐怖心が引き起こした出来事ですね。

恐怖心を持つと、冷静な判断ができなくなってしまうのです。


しかし人間はやがて気付きます。


一時的に恐怖心に動揺することがあっても、その間違いに気付くのです。

そしてさかんに恐怖心をあおっていた人を、信用しなくなります。


オオカミ少年がいい例ですね。


相手の恐怖心を刺激して行動させようなんて、しない方がいい。

それは最終的に失敗に終わります。


では、本当に人を動かすためには、何が必要なのでしょうか?


それは、逆説的ですが、他人を思い通りに動かそうとしないことです。


人に動け動けと思って、いつも裏切られている人がいます。


それは当然ですね。


他人の行動に振り回されている人は、
いつまで経っても失望から抜け出せないのです。


求めるなら、「自分自身に求めること」です。


自分に求めずして、他人ばかり動かそうとするから、何をしてもうまくいかなくなってしまうのです。


人はそれぞれ、自分自身に責任を負っています。


他人に要求することは、すべて自分に返ってきます。


「正しい求め方」をすることが大切です。


それがいいことであるなら、
最初に実践するのは他人ではなく、常に自分自身です。


そんな人こそが、きっと他人にもいい影響を及ぼしていくでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
求める対象は、「自分自身」です。

それが、様々な問題を解決していくのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



恋愛や人間関係の悩みを本気で解決したい方は、読んでみてください。

『「1万人を虜にする魅惑のトーク術プレミアム」~あなたの愛を実現する方法~』

たった一回のメールマガジンを読んだだけで、「本一冊」を読んだくらいの価値ある内容になっています。


8月号も、実に重要なことを書いていきますよ。




メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク