読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

詮索をやめて、素朴な思いやりに気付いたら、相手の気持ちがつかめてくる話

こんにちは。上村です。


あなたは、「他人の気持ちを知りたい」と思ったことはないでしょうか?


特に、好きな人の気持ちは、気になるでしょう。


「自分のことを、どう思ってるんだろう?」

とヤキモキする。


でも、相手の気持ちを詮索して答えが出るかというと、残念ながら、余計にこんがらがることが多いです。


探れば探るほど、ますますわからなくなっていく。


その結果、不安は増していく・・・。


ところで、どうしてそんなに、他人の気持ちが知りたくなってくるのでしょうか?


例えば、好きな人の気持ちが手に取るようにわかったとしましょう。


でも、わかった結果、「相手は自分のことを何とも思っていない」という事実が発覚したらどう思うでしょうか?


ショックですね。


これなら、相手の気持ちなんて知らない方が、よほど希望が持てたはずです。


「相手の気持ちをつかみたい」というのは、「何とも思っていないこと」を確認したいわけではありません。


『自分のことが好きだという相手の気持ちをつかみたい』

ということです。


そこに、「隠れた願望」があります。


もちろん、好きな相手に対しては、誰でもそういった感情があるでしょう。


でも、過剰はいけない。


自分の感情に振り回されて、相手を客観的に見ることができなくなります。


自分に都合のいい解釈をしたくなります。


「自分がこれだけ好きなのだから、相手もきっとそうだ」

と思いたい。


でも、思い込もうと思っても、思い込めるものではありません。


それとは違う事実に直面すれば、思い込みなどあっと言う間に揺らいでいきます。


そこに、恋愛の悩みが生じます。


期待と不安。

自信と不信。


それを行ったり来たりするわけです。


しかしそれもまた、「自分自身の気持ち」に過ぎません。


一向に相手がどう思っているか、全くわからないのです。


では、どうしたらいいでしょうか?


あれこれ考え過ぎて、悩まないことです。


どうしたって、相手の気持ちなど、わかるものではありません。


僕はよく言うのですが、「思いやり」と「詮索」は違います。


思いやりとは、文字通り、「相手の気持ちを思いやること」です。


詮索とは、相手を思いやっているのではなく、「相手が自分のことをどう思っているか」を気にしています。


つまり、自分自身の「恋愛成就」だけを考えています。


もちろん、恋愛に限った話ではありません。


人間関係も同じです。友情も同じです。どんな関係も同じです。


思いやりは、当然必要です。

でも、詮索はいりません。


思いやりは、喜びを作っていきます。

詮索は、悩みを作ります。


思いやりは、前向きです。

詮索は、後ろ向きです。


その違いがあるのです。


いくら悩んでも、好きな人の気持ちを、正確につかむことなどできないのですから、余計なことはしなくていいのです。


それより、「素朴な思いやり」を大切にすればいいのです。


そうすれば、しつこく相手を追いかけ回すこともなくなります。


相手の一挙手一投足に、振り回されることもなくなります。


すると、不思議なことがわかります。


詮索していた時には、あれほど相手の気持ちを誤解していたのです。


でも、素朴な思いやりに目覚めれば、何となく相手の気持ちがわかってきたりすることがあります。


一時的な心の動きではなく、「内面的な心」です。


自分の心に素直になったので、相手のことも素直に見れるようになったからです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「素朴な思いやり」に目覚めれば、相手の気持ちがわかってきたりすることがあります。

自分の心に素直になったので、相手のことも素直に見れるようになったからです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


このような、「本当の読心術」を発揮する会話術は、こちらにすべてを書いています。



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク