読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「知らない間に思い上がってしまう症候群」を反省する話

こんにちは。上村です。


僕の「昔話」をお聞きください。


職場で、ある部署にいたのですが、そこは結構のんびりムード。


後輩も何人か入ってきて、仕事が僕に集中してきたことがありました。


僕だけ、残業が多くなったのです。


同じ部署の同僚は、僕が期待するほど、動いてくれません。


だんだん、それを不満に感じるようになりました。


「自分だけしんどい思いをしている」

と被害妄想的(大げさですが)になってきたのです。


ところがです。


ある時、状況が変わりました。


「部署替え」があったのです。


僕は、のんびりムードの部署から一転、「忙しい部署」に配属されました。


その部署は、各自が仕事を多く抱え、忙しそうです。


みんな一生懸命仕事をしているのですから、僕にしてみれば、前のような不満はなくなるはず。


ところが、なぜか僕は、前のような「やる気」をなくしていったのです。


仕事への思いが失せてきました。


なぜでしょうか?


本来なら、雰囲気も変わったし、ますます張り切って仕事できる環境のはずです。


でも、それと反比例するように、以前に持っていた使命感のようなものが薄れていったのです。


その時の僕は、こういう心境だったのです。


以前の僕は、不満を持ちつつも、「自分がこの部署を支えている」という、自負心みたいなものがありました。


実際、前の部署では、幸か不幸か、仕事は僕を中心に回っていました。(別に仕事ができたわけではありません。単なるタイミングです)


でも、部署替え後は、僕は「その他大勢の一人」になったのです。


みんな懸命に仕事をしています。


また新しい部署で勝手もわからず、戸惑いもありました。


『自分が、いつまでも仕事の中心でいたい』

という思いが叶わなくなってきたのです。


それが、僕からやる気を奪った原因ですね。


人間の気持ちには、複雑なものもあります。


「こうなれば幸せになるだろう」と思い、実際その通りになっても、また新しい不満が出てくることがあります。


実は「前の方がよかった」などと思うこともあるでしょう。


しかし、そういった経験も大切であると僕は思います。


もし僕が、ずっと同じ部署で、自分中心に仕事が回っていたら、「視野の狭い人間」になっていたに違いありません。


だいたい仕事など、一人でできるものではありません。


人との協力があって、初めてできます。


考えてみれば、前の部署にいた時の僕は、誠に思い上がっていたのです。


一人で仕事を抱え込み、人に渡さず、しかも他人が思い通りに動いてくれないと不満に思っていたのです。


いろいろな人の世話になりながら、まるで自分だけがやっているかのように錯覚していたのです。


部署替えは、そんな僕の思い上がりに「一撃を加えてくれた」というわけです。


当時は辛かったのですが、今では良かった経験の一つです。


我々は、表面的に見て、「あの人は幸せだ」「あの環境は理想だ」と思うことがあります。


でも実際は、その人にしかわからない悩みがあるものです。


理想の環境に見えていても、実際そうなったら、理想ではない部分もたくさんあることに気付くでしょう。


人を羨ましがったり、ましてや嫉妬する必要など、全くありません。


物事の本質をとらえたら、嫉妬がいかに「意味のないこと」であるかわかります。


それよりも、自分に与えられた環境を受け入れ、そこで最善を尽くすことなのです。


「青い鳥」はどこか遠くにあるのではなく、「自分の心の中」に発見するものなのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その人にしかわからない悩みがあります。

人を羨ましがったり、嫉妬する必要など、全くありません。

「青い鳥」は遠くにあるのではなく、「自分の心の中」に発見するものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


そんな青い鳥の見つけ方は、こちらに書いています。



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク