読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

今すぐ「魅力的な会話」をする方法


こんにちは。上村です。



いきなりヘンなことを聞いて恐縮ですが、

あなたは、「落ち込みやすい人」でしょうか?(笑)


僕なんかも、昔は結構「ヘコみやすいタイプ」でした。


でも、僕は「丸顔」。

なので、外見上は、そんなタイプには見えなかったようです。


これがちょっとシャクだった。(笑)


それはともかく、

よく考えてみると世の中、「ヘコむ材料」はいっぱいありますね。


「嫌なヤツがいる」

「友達の彼氏はイケメン」

「友人が、素敵な女性と結婚した」


「フラれた」

「容姿に自信がない」

「家庭がモメている」



などなど、人によって、落ち込む原因は様々です。


実は、この「落ち込み」が、

今回のテーマに、ちょっと関連があるんですよ。


昨日のブログで、お話ししたのは、

「人気者の共通点について」でしたね。



昨日のブログは、こんな内容です。



相手に好印象を与えるには、


1.人当たりのいい人 

2.元気な人 

3.心が開けっぴろげな人


この「三点が大事」という話をしました。



これを「人気者三点セット」と言います。(笑)



そして特に重要なのが3番目なんですね。


「心を閉ざさないで、開けっぴろげにすること」が、


相手と親密になるための大切な要素です。


これは、簡単に御納得いただけるはず。



試みに、

「オレ(ワタシ)は、誰とも話したくない」

みたいなオーラを出してみてください。



オーラを出すのは簡単。

心を閉ざせばいいのです。


そうすれば、見事なくらい、人が自分の周囲から消えていきます。(笑)


つまり、「気分」っていうのは、相手に伝わるものなのです。


だから、例えばあなたが、

「嫌いな異性」にしつこくつきまとわれているとしましょう。


当然、うっとうしいですよね。


何とか避けたい。


でも、直接言葉で、「付きまとうな」とも言いにくい。


そんな場合は、どうしたらいいか?



「マイナスオーラ」を出し続けたらいいのです。

そうすれば、たいていの人は遠ざかっていきます。


それでも付きまとうのは、ストーカーだけです。(笑)


「逆もまた真なり」ですよ。

自分が心を開けば、相手も心を開いてくれるようになるのです。

これは「人間対人間の法則」のようなものですね。


そこで、当然ながら、こんな疑問が沸いてきますよね。


「心を開くって具体的にどうすればいいの?」

確かにそうですね。


「心を開く」って、簡単そうで難しいものです。


そこで、逆に、


「どうして人は心を閉ざすのか」について考えてみましょう。


そうすれば必然的に、「心を開く方法」が見えてくるはずです。


人はなぜ心を閉ざすのか?


冒頭に、「落ち込み」について書きましたね。

落ち込んでいる時は、どうしても心を閉ざし気味になるもの。


これはやむをえないです。

そう、何かに落ち込むと、人は心を閉ざすのです。


上司に怒られた後で、ハッピーな気持ちになれるはずがありません。


「怒られた。ラッキー」


なんて人はいない。(笑)


そういう場合は、理由があってのことですから、まあいいのです。


でも、落ち込みは、いつも具体的な理由があるとは限りません。

何となく、心が晴れない・・・。


むしろ、こういうことの方が多いのではないでしょうか?



落ち込むことは誰にでもあることですが、

落ち込みから早く脱却できる人と、そうでない人がいるのも事実。


落ち込みから早く脱却できる人は、心の回復力の早い人です。

そういう人は、「心が開いた」状態を維持できるのです。


ではどうやったら落ち込みから早く脱却できるのでしょうか?


これはちょっとした意識の持ち方にあるのですね。


「落ち込んでいる自分」を想像してみてくださいね。

どんなことを考えているでしょうか?


多分、

「自分自身」について、

クヨクヨ考えているのではないでしょうか?


「ヘコんでいる自分を想像して、またヘコむ」

という悪循環を繰り返しているはず。


そう「落ち込み脱却法」とは簡単なんです。


★自分のことを考えるのは止めて、自分以外のことに目を向けよう

これが大事。


これは、「心を開けっぴろげにする方法」でもあるのですよ。


「心を開けっぴろげにする」とは、


意識を外に向けること。


そうすれば、結果的に相手から関心を持たれますし、

話す機会も多くなって、トーク術に磨きがかかってきます。


自分のことをあれこれ考えるのはやめよう・・・。

そうすれば、あなたの持っている素朴な「話す力」が発揮できるのです。


ちまたの会話術では、こういうことを無視して、


「どうしゃべったらいいか」

「どんなアプローチをしたらいいか」



みたいなことが主流になっています


でも、それでうまくいかないのですね。

根本的なことを無視しているからです。


かつてこういう人がいましたよ。


その人は、かなり内気な人だったのです。

ところが、ある時から急によくしゃべるようになりました。


不思議に思って事情を聞いてみると、


彼は、夜な夜な「キャバクラ」通いに精を出していたそうです。(笑)


「キャバクラ」とは、

男性が、女の子と楽しくしゃべる場所ですね。(笑)


そこに気に入った女の子がいたらしいのです。

キャバクラで無口なわけにもいきません。



そこで頑張ってしゃべっているうちに、話好きへと変貌を遂げたわけです。

ずいぶん、お金のかかる話ですが。(笑)


誰だって「魅力的な会話」ができるのですね。

それを妨げているのは、自分の意識以外の何物でもありません。


「心を開いて」いれば、自ずからチャンスは到来してくるものですよ・・・。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「心を開けっぴろげにすること」で、相手はあなたに親近感を覚えます。

そして、相手からどんどん話しかけられるようになります。

楽しい会話の機会が多くなるでしょう。

心を開くためには、「自分以外のこと」に目を向けましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン


1万人を虜にする魅惑のトーク術 では、


さらに濃密な「恋愛人間関係ノウハウ」「トーク術ノウハウ」を配信しています。



購読は無料。ぜひお読みくださいね。

1万人を虜にする魅惑のトーク術




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク