読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

沈黙にも意味があり、沈黙を恐れなくていい話

こんにちは。上村です。


『沈黙恐怖症』というのがあります。


情報化時代の影響があるのかもしれません。


「アイツ、つまらない」

と言われるのが怖いのです。


テレビでは、タレントさんがずっとしゃべっています。


討論番組も多いです。


それは当然ですね。


テレビで誰もしゃべっていなかったら、衝撃映像です。


タレントが愉快な話をするのは、仕事だからそうしているのです。


ところが、これを日常に持ち込んで、「常に楽しい話をしなければいけない」などと考えてしまうと、だんだん辛くなっていきます。


実際は、そんな必要はないのです。


例えば、さほど親しくない人と、バッタリ電車の中で会ったとしましょう。


気まずいかもしれませんね。


「沈黙の時間」が辛いかもしれない。


話題がないので、しどろもどろになります。


しかしです。


話をしようと焦っているのは自分だけで、えてして相手は普通なのです。


自分も普通でいいのですよ。


沈黙になってもいいし、途切れ途切れになってもいい。


「沈黙の恐怖」から解放されると、かえって話ができたりします。


「どうしたらいい会話ができますか?」

という質問があれば、僕はこう答えます。


『沈黙に強くなろう』

と。


これは、机上の理論ではありません。


僕自身、自分の体験を通じて、初めて気付きました。


「話すこと」「黙ること」

これは表裏一体です。


例えば、話すことを、「字」に例えてみましょう。


鉛筆で字を書く。


でも、その字を書くためには、紙が必要です。


「白い紙」が必要なのです。


その「白い紙」こそが、「沈黙」だと考えます。


鉛筆の「字」は、会話です。


絶えず話していないと不安で仕方がない人は、「白い紙をすべて文字で埋めようとしている」のです。


そんなごちゃごちゃ書いた文字を、誰も読みたいとは思わないですね。


文字ばかり書いていたら、そのうち隙間がなくなって、「真っ黒」になります。


何のことかわからなくなるのです。


「白い部分(空白)」こそが、根底にあります。


空白といっても、何もないという意味ではありません。


「白い」という、実在があります。


「空白」という実在があるのです。


それは、意識しなくても、最も「基本的なもの」です。


「空白」には重要な意味があるのです。


例えば、疎遠を恐れて、逆にどんどん疎遠になっていくことがあります。


空白という、当たり前のものを否定していると、そういうことになるのです。


いくら好きな人でも、「四六時中いつも一緒」というわけにはいきません。


それぞれに人生があり、それぞれに置かれた環境があるのです。


それを認めずにして、本当に「お互いのページ」に字が書けるでしょうか。


「会話」に意味があるように、「沈黙」にも意味があります。


沈黙の時があるからこそ、会話もあるのです。


沈黙を恐れないこと。


「空白」に大きな意味があることを知ること。


では、空白を生かすためには、どうしたらいいのでしょうか。


「自然に還ること」だと思います。


自然でいいのですよ。


話すべき時は、自然に話せるし、黙るべき時は、自然に黙れるものです。



もっと自分の中にある、「自然の力」を信じることです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
空白にも、大きな意味があります。

もっと、自分の中にある、「自然の力」を信じることです。

落ち着けば、話すべき時は自然に話せるし、黙るべき時は自然に黙れるものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク