読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

電話の向こうで「わしや」と言われた僕は、どうして名前を聞き返すことができなかったのか?

こんにちは。上村です。


僕が、初めて職場に勤め始めた頃の、昔のお話です。


新人ですから、あまり仕事がなかったのです。

先輩から、「電話番でもして」と言われました。


電話番なら、何とかできそうです。

誰かに取り次ぐだけなので。


わからないことを聞かれても、「担当に替わります」と言えばいい。

比較的気楽な気分でやっていたのですね。


で、ある電話がかかってきました。


いきなり電話口で、
「わしや、○○おるか?」と聞かれたのです。(関西なので、関西弁)


僕は、驚きました。


だって、いきなり「わしや」と言われても、誰かわからない。

まさか「わしやさん」ではないだろうし、いったい誰なのか?


しかし、その電話主の声が、あまりにも堂々としていたのです。


まるで、
「オレの名前を知っていて当然だ」
と言わんばかりの口調。


当時僕は、新人の若者です。


電話の声に圧倒されて、
名前も聞き返さず、
「ちょっとお待ちください」と言ってしまったのです。


○○さんに取り次いだのですが、
○○さんに、「誰から?」と聞かれました。


しかし、僕は名前を聞いていなかったのです。


困りました。


「えっ、あの~、わしや・・・とおっしゃる方からです」

とわけのわからないことを言ってしまった。(笑)


後で知ったのですが、その電話主は、職場の重鎮らしい。

普段は別の場所で働いているので、僕は知らなかった。


それにしても、いくら職場内でも、
電話をかけて名乗らないのはどういうわけか。


重鎮になると、「自分のことは誰でも知っている」と思うようになるのでしょうか。(笑)


それは相手のことだからともかくとして、問題は、「どうして僕は名前を聞き返すことができなかったのか」ということですね。


相手があまりに強引な態度だったからです。
「聞き返す隙のないような言い方」だったから。


「オレの名前は当然知っているよな」的な雰囲気だったので、
思わず何も言えなかったのです。


しかし、後で、取り次いだ人に「誰から?」と聞かれ、返事に困ってしまったわけです。


これは別にたいした話ではありませんが、こういうことは大きく言って「人生」にもあることですね。


「一時しのぎでごまかして、後で困ったことになること」が。


僕は相手の態度から、名前を聞き返したら、怒鳴られるような恐怖感を覚えました。


なので慌ててしまったのです。


人生でもあるでしょう。


一時も早く不安から逃れたくて、姑息なことをしてしまう。


でも、その結果、後でもっとややこしいことになるのです。


傷つくことを恐れていたら、そのうち何もできなくなってしまいます。


恐怖などは、実体のないものです。


それこそ、「電話の向こうで怒鳴っている人」を想像するようなものです。


電話の向こうで何を言われようと、自分は決して傷つけられることはないのですから。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
恐怖心は、自分の勝手な思い込み。

傷つくことを恐れなくなれば、恐怖心は単なる幻影だと気づくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」
「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」


今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

「必ず知るべき究極の解決方法」です。



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク