読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

自然に仲良くなる方法


こんにちは。上村です。



片想いの相手というのは、時に「寂しげ」に見えるものですね。



本当に寂しがっている場合もあるでしょう。



でも、こちらの思い過ごしの場合もあります。



思いが高じて、「相手は寂しがっていないだろうか」と深読みをしてしまうのです。


相手のことが好きであればあるほど、深読みしてしまうもの。


でも、いくら好きな人でも、相手の気持ちをすべて理解することなど、不可能です。



もっと自然でいいのですよ。



「空気を読もう」なんて、肩肘を張らなくてもいいのです。



自然に接していれば、雰囲気にいつの間にか溶け込んでいくものです。



ところが、「ここで自分がしゃべっていいのだろうか?」「相手はどう思うだろうか?」など、余計なことを考えると、言葉に力がなくなります。


すると、「場が読めないような印象」を与えてしまうのです。



雰囲気は常に変わっていく。周りの状況も時間とともに変化します。


いちいち深読みしていたら、その変化についていけなくなります。



友達同士との会話でも、こんな経験はありませんか?



ある話題で盛り上がっている。



自分も何かしゃべろうと、話す内容を考えている。



いざしゃべろうとしたら、いつの間にかもう「別の話題」になっていた。



みたいな。



「会議」でもありますよね。


自分の意見を言おうとしたら、もうそのテーマでなかったりとか。



(自分はもっといい意見を持ってるんだぞ)と思っても、話すタイミングを逸したのです。


その人は、周りのことを考えていないわけではないのです。


むしろ考え過ぎて、何もできなくなったのです。



周囲の状況も相手の感情も、常に変化していきます。



「機嫌をとろう」と思っている間に、相手はもう機嫌が直ってるかもしれない。



雰囲気をつかむというのは、難しいことではないのです。



相手が表現し、自分も表現する。



それが、雰囲気をつかむということです。



ただそれだけなのです。



もっとシンプルに、もっと自然に仲良くなっていくことです。



「自然の力」を信じることです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━

相手が表現して、自分も表現していく。


自然な関係とは、そういうことです。


自然な関係こそが、強固な関係です。

━━━━━━━━━━━━━━━━



『自伝の愛され術』とは・・・


僕が、自分の人生を振り返って書いた「自伝」を読んでください。


そこに「愛される方法のすべて」が詰まっています。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク