読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

心をつかむ「冷静な方法」


こんにちは。上村です。



前回のブログ で、「思い込みの実例」について、お話しましたね。



恋愛や込み入った人間関係では、「ある種の思い込み」に支配されることがあるものです。



これは、恋愛や人間関係に悪影響を及ぼします。



もしあなたの恋愛(人間関係)がうまくいっていないなら、「思い込み」が原因かもしれませんよ。



恋人同士(あるいは片想い)を例に、考えてみましょう。


相手の気持ちがつかめず、思い悩むことはないでしょうか?


「どうしてあの人は、あんな行動をするのだろう?」

「どうしてあの人は、あんなこと言うのだろう?」


相手の気持ちがわからず、深く悩みます。


でも、考えても答えは出ない。



「オレ(ワタシ)のことが好きなのか、嫌いなのか?」


と、せつない衝動にかられることがあるかもしれません。


確かに、相手の気持ちがわからない状態は辛い。



どんどん追い込まれていきます。



どうして、こんな悪循環に陥ってしまうのか?


この理由を突き詰めてみましょう。



そうすれば、恋愛あるいは人間関係で、「追い込まれない方法」がわかってくるのです。



追い込まれなければ、自分に余裕が出てきます。



結果、恋愛等がうまくいくのです。


では、好きな相手の気持ちがわからなくて、苦しむ理由はいったい何か?



僕は、こう考えています。


前回のブログで、例に挙げましたね。


年末になると、「周囲がせわしなく見える心理」です。



それと同じことが、「恋愛」や「人間関係」にも起こっているのです。


つまり、相手のことが好きになればなるほど、客観的に相手を見れなくなってしまうのです。


見たいように見てしまう。


相手に、「自分の理想像」を投影してしまうからですね。



するとどうなるか?



思い込みで相手を見ているので、裏切られることが多くなります。



だから、「自分の思い」と「現実」とのギャップに、悩んでしまうわけですね。


ここで大切なのは、思いがカラ回りすると、相手の気持ちをつかむことが、難しくなるということです。



自分から「冷静さ」が失われるからですね。



客観的判断ができなくなる。


もちろん恋愛ですから、冷静になれないことも多いかもしれません。



でも、そんな時こそ、「自分は思い込んでいるだけなのだ」と思うこと。



「嫉妬」も思い込みの一種です。



「思い込み」から抜け出して、冷静になってみよう。



そこからまた、愛情の一歩を始めていけばいいわけです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

焦ったら、「思い込み」をなくして、冷静になろう。


そうすれば、相手の気持ちをつかむことができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク