読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

簡単に告白する方法


こんにちは。上村です。



こんな話を聞いたことがあります。



ある男性が、常連にしている喫茶店に、素敵なウェイトレスが採用されたのです。



「やった~。これからもっと通うぞ」


と普通の男性は思うかもしれない。


ところが彼は「内向的な性格」。



その女性が目的で喫茶店に行くことに、なんとなく気が引けてしまったのです。


人間心理って複雑ですね。(笑)



当然ながら喫茶店には行きたい。



今まで以上に通いたいのです。



そこで彼はどうしたか?


喫茶店で仕事をすることにしたのです。(笑)



といっても、「喫茶店で働く」という意味ではありません。



自分の仕事、手軽な資料整理とか、そういうのを喫茶店でする。


「資料整理」という大義名分ができて、喫茶店に迷わず行くことができたのです。



元々迷う必要なんてどこにもないのですが、まあでも、通いやすくなったのは事実。


それはなぜか?



「資料整理」という大義名分ができたからですね。


「会社でしろよ」という基本的なツッコミはしないでください。(笑)


彼の場合は、喫茶店でするから意味があったのです。



じゃあ、例えば「告白」などという、重い行為はどうしたらいいか?


「大義名分の法則」を利用すれば、告白もスンナリできる。


「告白」ということに、重たい気持ちを持たないようにすればいいわけです。


「告白には告白にふさわしい場所で」


とか考えると、もういけない。


「重いもの」が「ますます重く」なってしまいます。



普通に道を歩いて、信号待ちの時にでも、


「君のことが好きなんだよね」とさりげなく言えばいいのですね。


「散歩していたんだけど、何となく告白してしまった」


わけです。


この場合、「散歩」というのが大義名分ですね。(笑)



なぜ告白しやすくなったかというと、告白そのものに意識が集中しなくなったからです。




例えば、会社勤めをしている人が、人事異動になったとしましょう。



でも、彼は部署を換わりたくない


自分の性格にそぐわない部署だし、新たな人間関係も不安。


「だからイヤです」・・・とは言えないものです。


命令だからしょうがない。


特別な事情ならともかく、「イヤだからイヤだ」ではどうにもならない。



この場合も、自分がどう考えようと、そうしなきゃいけない力が働くのです。



それが「会社命令」ってヤツですね。



「社命」という大義名分なのです。



例えば、自営業の方でもそうですね。



「働かないと収入がないぞ」という大義名分の前には、サボっている場合ではなくなってくるのです。(笑)




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目的に押しつぶされそうになった時は、別の目的を考えてみる。


それがリラックスして取り組める秘訣です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




1日10分で驚異的に愛される会話術~相手の心をひたすら掴む「悪魔的フリートークの技術」





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク