読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

悪口を待っている人はいないけど、「いい言葉」を待っている人はたくさんいる話

こんにちは。上村です。


「批判上手だと、賢いと思われる」

という、誤った思考に陥っている人がいます。


当然ですが、そんなことで賢いと思われることはありません。


批判ばかりしていたら、他人に敬遠されることもそうですが、自己嫌悪に陥ってしまうでしょう。


相手を批判していたのが、「我が身」に返ってくるのです。


適切な批判が必要な場合もあるでしょうが、批判というよりも、悪口になっている場合が多いのです。


批判や悪口の多い人は、自分で自分の環境を「住みにくいもの」にしていきますね。


批判ばかり飛び交っている職場で、「気持ちのいい仕事」はできないでしょう。


たいていは逃げ出したくなります。


例えば、「昔はよかった」的なことを言う人も、そうかもしれません。


もちろんそう思っているのなら、全然構わないのですが、もう少し冷静に考えてみましょう。


昔の戻れば幸福になるのかというと、そうではないですね。


その当時はその当時で、いろいろあったでしょう。


タイムマシーンで昔に戻ったら、「もっと昔がよかった」と思うかもしれません。


キリがなくなっていくでしょう。


当然ですが、昔がそんなにいいわけでもありません。


いつだって、「今が一番」と言えるようになったら、気持ちも前向きになっていくでしょう。


いずれにしても、必要なのは、批判ではなく、「肯定」だと思います。


ここでの肯定とは、何でもはいはい頷くという意味ではありません。


「自分の人生を肯定する」ということです。


それは同時に、他人の人生も認める意味になります。


そんな人が、きっと「いい言葉」を使っていくことができるのです。


悪口や、やみくもな批判や、悪い言葉を待ち望んでいる人はいませんね。


「肯定的な言葉」を待ち望んでいる人はたくさんいます。


どちらの言葉を使っていけばいいかは、一目瞭然です。


自信を持っていいのです。


どんどん肯定的になっていくことです。


もちろん人生にはいろいろあるでしょう。


落ち込むこともあるでしょう。うまくいかない時もあるでしょう。


しかしそれは、決してマイナスではありません。


すべて思い通りに物事が進んでいく方が、よほどマイナスだと僕は思います。


辛い気持ちの人に共感できるのは、自分もその気持ちがわかるからです。


辛い経験がなかったら、そういった共感力を身に付ける機会もなかったはずです。


誰でも辛い経験をしたことがあります。


ひょっとしたら、今、そういった経験をしているかもしれません。


でもそれは、決してマイナスではないのです。


未来のあなたにとって、有意義なものを与えてくれます。


人は、失望や思い通りにならないことから、真の思いやりや前向きさ、本当の感謝を育んでいくからです。


そして、それを育んでいけば、だんだん幸福感も増していくものです。


表面的な幸福感ではなく、内面的な「深い幸福感」です。


いろいろな経験を通じて、「本当の自分に気付くこと」が、それだけ状況をいいものにしていくことにつながっていくのです。


悪口で人を引き付けようなどするのは、自分を見失っています。


そういったもので、人を引き付けることはできないし、自分で自分のことが信用できなくなってしまいます。


もっと「いいもの」に目を向けることです。


「いい言葉」が大切です。「前向きな行為」が大切です。


あなた自身もそうですし、また「あなたの前向きさに励まされる人」が必ずいることでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「今の辛い経験」は、「未来の明るい希望」です。

どんな経験も、未来に生かしていくことです。

そうすれば、自然に「深い幸福感」を味わっていけるはずです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メールマガジンも、ぜひお読みください。(購読無料です)



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク