読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「先が見えない」という素晴らしい話

こんにちは。上村です。


『ウサギとカメの物語』は、とても有名ですね。


イソップ寓話に出てくるお話。


むかしむかし、あるところに、「ウサギとカメ」がいたのです。


ウサギ  「君は足が遅いそうだね」
カメ   「失礼な」
ウサギ  「君はのび太くんより足が遅いそうじゃないか」
カメ    「それがどうした」



みたいな会話があって(会話は想像)、結局、山のふもとまでマラソンで勝負することになりました。


普通なら、ウサギの圧勝です。


のび太くんならドラえもんがついていますが、カメにはいない。


どう考えても、結果は見えています。


しかし、ウサギは油断した。


カメがはるか後ろを走って(歩いて?)いたので、「ちょっと一休みするか」と思ってしまったのです。


途中なのに、グーグー寝てしまった。


真面目なカメは着実に進みます。


ついに、寝ているウサギを追い越して、先にゴールインしたのです。


喜ぶカメ。

眠りから覚めて、あ然とするウサギ。


「油断大敵」という教訓話ですね。


「能力を過信して、努力を怠れば、失敗するよ」

という戒めです。


確かにその通りです。


それに加えて、僕は、少し別の角度で、この話を考えてみたいと思う。


違った視点からは、違った教訓が導き出せるはず。


なぜカメは勝利をしたのか?


これをもっと深く分析してみたいのです。


つまり、カメは「真面目だったから」ですね。


「もしもしカメよ、カメさんよ、どうしてそんなにノロイのか」

と言われながらも、決してクサらず地道に頑張った。


一方、ウサギは、俊足の自分を過信したのです。


この違いが勝敗を分けたのです。


では、どうしてカメはそんなに真面目で、ウサギは不真面目だったのか?


もちろん、決してウサギが不真面目であるわけではないのです。


カメがみんな真面目ということでもありません。

中には、サボる人(カメ)だっているはず。


じゃあ、たまたま今回が、「真面目なカメ」「不真面目なウサギ」であったのか?


そういうこともあるかもしれませんが、でももっと深く考えてみる。


ひょっとすると、「カメを真面目にする要因」が、何かあったのではないか。


ウサギを、「不真面目にする要因」もあったはず。


僕はそう考えるのです。


ではいったい、それは何か?


「ウサギの足の速さ」もあるでしょう。


ウサギは俊足だからカメは気を引き締め、
ウサギは気が緩んだのです。


しかし、もう一つ別の要素があるのですね。


あなたもちょっと考えてみてくださいね。


つまり、

「カメは先を見ず、ウサギは先を見た」

ということなのです。


カメにできることは、目の前の一歩一歩を進むことだけです。


一方ウサギは、脚力があるので、できることも幅広かったのです。


なまじ条件がいいために、結果もわかってしまって、
それが油断につながったというわけです。


これは、我々の日常にも言えることですね。


条件のいい方が、追い風ではなく、
向かい風になることだってあるのです。



妙に先が見えてしまうと、今を見失うことがあります。


先が見えないからこそ、「今に徹する」こともできるのです。


今を大切にしようとします。


真の余裕とは、条件の良さから生まれるのではありません。


真の余裕とは、「これしかない」と思えるものから、きっと出てくるのです。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先が見えるから、前が向けるのではありません。

先が見えないからこそ、前を向くことができます。

あなたの、「先が見えないこと」を大切に。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



最高峰の「超進化系メールマガジン」です。「愛を実現したい方」は今すぐ読んでみてください。


あなたの中には、愛を実現する力が備わっています。

あなたの中には、幸せを作り出す力が備わっています。

あなたの中には、困難を克服していく力が備わっています。

今すぐ、それを引き出していくことです。

プレミアムメールマガジンで、はっきりそれを証明していきます。

『「1万人を虜にする魅惑のトーク術プレミアム」~あなたの愛を実現する方法~』






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク