読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

コンビ二事件


こんにちは。上村です。



今回は、新年ということで、


一つ「笑い話」をしてみましょう。



「初笑い」ということで。



おもしろくなければ、すいません。


許してね。(先に謝っときます)



では、それはどんな話か?



あなたは、


「細かいことが気になる時」


ってないでしょうか?



かなり前のことです。



僕は、自宅近くのコンビニで、


「異様な言葉」


を目にしました。



コンビニの前には、「ゴミ箱」がありますね。



そこに、レシートを捨てようとしたんですね。



ごみ箱は二つありました。



一つは、


『燃えないゴミ用』



もう1つは、


『燃やせるゴミ用』



と書いてありました。



一瞬、


えっ!?


と思ったんです。



以前は確か、


『燃えないゴミ用』


『燃えるゴミ用』


と書いてあったんですね。



つまり、


「燃えるゴミ用」が、


「燃やせるゴミ用」と、書き換えられていたわけ。



意味は同じですが、


確かに、「後者の方」が正しい表現ですね。



ゴミを燃やすのは人ですもんね。



「燃えるゴミ」だと、


ゴミが勝手に発火してる意味にもとれます。(笑)



そんなことがあったら、世の中、火事だらけになってしまう。(笑)



だから、「燃やせるゴミ」が、厳密には正解です。



でも、そうなると、


「燃えないゴミ」も変えないといけないんじゃないでしょうか?



だって、「燃えないゴミ」だと、



まるでゴミが自分で、


「オレは燃えないぞ~、燃えないぞ~」


って意味にもとれますので。(笑)



やっぱり、


「燃やせないゴミ」


が正解ですよね。



妙に神経質で、すいません。(笑)



もちろん僕は、


「正しい日本語」


について書きたいわけではないのです。



トーク術について書きたいのですね。



そこで、もう一つ、こういう話があるのですよ。



これも一応「笑い話」なので、


次回のブログで続けてお聞きくださいね。



そして、この話がどうトーク術へとつながるのか。



それも次回に書いてみましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「言葉」は、漠然とした面があります。


それを「トーク術」に生かすことができるのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン


1万人を虜にする魅惑のトーク術 では、


さらに濃密な「恋愛人間関係ノウハウ」「トーク術ノウハウ」を配信しています。



購読は無料。ぜひお読みくださいね。

1万人を虜にする魅惑のトーク術




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク