読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

ホテル事件


こんにちは。上村です。



さて、前回に引き続き、ちょっとおもしろい話を。


(おもしろくなければ、すいません)



トーク術のノウハウにつながるお話なのです。



ずいぶん前ですが、


街でこんな看板を見かけました。



それは、


「ラブホテル」の看板でした。




『1時間○○円。お気軽るにどうぞ!』




ん!?




「お気軽る」の「る」はいるのか!?(笑)



ちょっと悩んだのです。



思わず、看板の前で立ち止まりました。



周りから見ると、


僕がまるで、


「ホテルに入るかどうか」悩んでいるように見えたでしょうね。(笑)



しかし僕は、


ラブホテルに一人でコソコソ入るような趣味はありません。(笑)



いずれにしても、日本語は難しいですね。



ところで、


このように言葉とは微妙なものです。



「お気軽」と「お気軽る」では、


何となく受ける印象が違います。



「バカヤロー」の一言でも、


言い方やシチュエーションによって、ずいぶん違った印象になりますね。



恋人同士が、



「あなたって、格好いいわ。まるで福山雅治みたい」


「バカヤロー」



という会話なら、


この「バカヤロー」は、あくまでテレ隠しです。



ところが、仲の悪い者同士なら、状況が違ってきます。



「お前は、金魚のフンのような奴だ」


「バカヤロー」



と、この「バカヤロー」は、本来の意味そのままですね。(笑)



だから言葉は、意味そのものだけではなく、


「雰囲気」にも、ずいぶん影響されるのです。



こういうのは、


「雰囲気会話術」と言うのですね。



簡単に書けば、



「雰囲気を自分のものにすれば、


言葉以上の効果をもたらすことができる」



ということです。



但しこれは、


「夜景のキレイなところで口説け」


などという、前近代的なノウハウではありません。(笑)



もっと、人間心理に立脚した、深いものなのです。



「雰囲気会話術」に関しては、


詳しくは、僕のE-Bookに書いています。



そちらを参考にしていただければ幸いです。



例えば、これ とか。


あるいは、これ です。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「雰囲気」は言葉に影響を与えます。


「雰囲気」をものにすれば、言葉の効果が倍化します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン


1万人を虜にする魅惑のトーク術 では、


さらに濃密な「恋愛人間関係ノウハウ」「トーク術ノウハウ」を配信しています。



購読は無料。ぜひお読みくださいね。

1万人を虜にする魅惑のトーク術



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク