読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

アイドルと結婚しようとした男


こんにちは。上村です。



僕が高校生の時、

友達に、


こんなヤツがいました。


口グセのように、

「オレはアイドルと結婚する」

と言うんですね。(笑)


もちろん、周りは誰も相手にしない。


「何をわけのわからないことを言ってるんだ」


と、みんな陰でささやき合っていました。(笑)



いったいどうやって、


アイドルと結婚にこぎつけることができるのでしょうか?



「どうやって知り合うの?」

「どうやって仲良くなるの?」

「どうやってデートするの?」



と難問山積みですよね。(笑)


その当時は、僕も、

(ヘンなヤツだなあ)

と思っていました。


卒業してから、

その友達のことはすっかり忘れていたのです。


さて、社会人になった僕は、

ある中堅の予備校に就職しました。


そこで、進路指導の仕事をするようになったのですが、

ある時、「医学部クラス」を担当することになったのです。


医学部は、最難関の学部です。

途中であきらめる受験生も多いですね。


そこで、僕は、

モチベーションを維持してもらおうと、

生徒にこういうことを言いました。


「どうせなら、○○大学の医学部を目指せ!」


(○○大学は、最難関)



もちろん、


「とんでもない」

と頭を掻く子がほとんどでした。


ところが、


勉強に自信のある生徒の中で、

本気になる人が出てきたのです。


「よっしゃあ、オレは○○大学の医学部を目指すぞ」


と。


そうなると、人間の力はすごいもの。



医学部に、スパっと合格した生徒が出たのです。


さすがに○○大学は無理だったのですが、

本人にすれば大成功。


「やっぱり目標は高い方がいいんだなあ」

と僕は思ったのですが、


その時ふと、

例の、

「アイドルと結婚する友達」

を思い出したのです。(笑)


当時は、そいつの事をバカにしていました。


でも、考えてみると、

僕が進路指導のためにとった方法も、

これと似たようなものです。


「実現できそうにない目標」をかかげさせたわけですから。


その結果、目標まで到達しなかったとはいえ、

力以上の結果は残せたわけですね。


最初から目標が低かったら、

その低い目標も達成できたかどうかわかりません。


なので、

「目標を高く持つ」

というのは、正しいですね。


さて、

これで話が終わったら、

校長先生の訓示みたいになります。


実はここからが大事なのです。



では、次回のブログで、


引き続き書いていきましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「目標を高く持つ」ことは、思いを叶える原動力になります。


しかし、そのためには、工夫が必要なのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




メールマガジン


1万人を虜にする魅惑のトーク術 では、


さらに濃密な「恋愛人間関係ノウハウ」「トーク術ノウハウ」を配信しています。



購読は無料。ぜひお読みくださいね。

1万人を虜にする魅惑のトーク術



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク