読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「マメはモテる」は本当か?


こんにちは。上村です。



「マメは、モテる秘訣だよ」


みたいなことを言う人がいます。


果たして本当でしょうか?



ある男性が、気に入った女性に、やたらにマメなことをしたらしい。

でも、「何、この人」みたいな顔をされたそうです。



(マメにしてもダメじゃないか)


と彼は思った。


そこで余計なことをするのをやめたのです。


するとどうなったか?


やっぱりモテないのです。


(いったいどうしたらいいの・・・?)


と彼は迷いのドン底に。


確かに、この気持ちはわかりますね。



僕も若い頃、同じ煩悶を繰り返した経験があります。



好きな異性ほど逃げていくのです。


なので、こっちが逃げてみる。


そうしたら、相手が追いかけてくれるんじゃないかと思う。


でも、現実はそんなに甘くない。


逃げても追いかけてこないのです。


そこで僕は、こういう疑問を持った。


(恋愛にかけひきは必要なんだろうか?)


と・・・。


あなたはどう思いますか?



そこで、一つ言えることがあるんですよ。



かけひきが似合う人と、そうでない人がいるのです。



かけひきを駆使できるような人は、ある意味、「ふてぶてしいタイプ」です。


「ふてぶてしい」というのは、必ずしも悪い意味ではありません。


ふてぶてしさというのは、気持ちの強さが必要。


それがないと、かけひきは難しいのですね。


あなたにも、きっとあるはずです。


恋愛に悩めば悩むほど、自分の「心の弱さ」を痛感するようなことが。


相手の何気ない一言が、気になってしょうがない。


別れ際に、あっさり「さよなら」と言われたら、(自分のこと、あまり好きじゃないのかな)と思ってしまう。


そうやって恋愛に悩めば、誰もが「詩」の一篇や二篇は書けますね。(笑)


それだけ神経が繊細になるのが恋愛です。


そんな人が、「かけひき」を意識しても、結局悩みが増えるだけ。



「かけひき」というのは、あくまで主導権を握っている側が使って、効果があるものなのですね。


振りまわされている人が、かけひきを使おうとしても、無理があるのです。


「無理」というか、余計に振り回される。(笑)



この事実は、意外に誰も意識していないのです。


かけひきをうまく使えば、成功できると思っている。


でもそれは、「条件が整っていれば」の話です。


そうでないなら、ますます自分が苦しくなるだけですね。



なので、僕は言いたい。



「かけひきなど考えず、もっとさわやかに人と交わっていこう」


と。



困った時の一番の対処法は、素直になることです。



妙な策略を巡らすと、事態を余計に悪化させてしまうもの。



それより、ひたすらにさわやかになった方がいい。



さわやかというのは、表面上のことではなく、「心のさわやかさ」ですね。



考えてみれば、恋人でもないのに、特定の異性にだけやたらにマメにするのは、さわやかではない。(笑)



妙な固定観点から脱却すれば、いつでも「さわやか」になれますよ。




そんな魅力発揮術は、こちらで徹底的に身につけることができますよ。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

モテようとして、マメにするのは、逆効果。


「相手の望んでいることをする」のが、「本当のマメ」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク