読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「追いかけ症候群」を脱して、本当に幸せになっていく方法

こんにちは。上村です。


あなたは日常で、「辛いな」と思うことはないでしょうか?


誰にでも、そんな瞬間はあるでしょう。


「恋愛が辛い」「人間関係が辛い」「家事が苦痛」「職場が苦痛」「勉強から逃げたい」

など。


でもそんな時こそ、「マイナスをうまく乗りこなせば、高次のプラスになるはずだ」と思うことなのです。


前回のブログに書いた通りです。


「行き詰まる」ということは、それだけ物事を真剣に取り組んでいるからです。


何かをしようとすれば、壁にぶち当たることもあります。


困難は、頑張っている証拠なのです。


だから、自信を持っていい。


それは、「プラスの展開になるきっかけ」でもあるのです。


「迷い道」から抜け出した時は、前よりいっそう気力が充実するもの。


迷い道に入った時、一番いけないのは、悲観的になることですね。


悲観的になれば、「もっと入り組んだ道」に入っていくことになるものです。


マイナスの出来事を、「考え方を変えるきっかけ」にすべきです。


例えば、恋愛でよくありますね。


相手が逃げているのに、ますます追いかけるようなことですね。


逃げているのですから、相手は嫌がっている。


それがわかっていながら、自分の感情に振り回されて、非生産的なことを繰り返すのです。


追いかけ方が間違っているのではなく、「追っかけそのもの」が間違っているのです。


でも、それを認めるには勇気がいるので、いつまでもズルズルいってしまう。


相手が多少愛想よくしてくれたら、それだけで舞い上がります。


相手がよそよそしくなったら、あっという間に落ち込みます。


極端なのです。


大切なのは、相手の態度ではありません。


「自分の態度」です。


相手の態度を気にするより、「自分の態度」を気にすべきです。


自分を高めることの方が大切。


「恋愛のライバルが気になる」
「相手をとられてしまう不安を感じる」
「今会わないと、永久に会えないような錯覚に陥る」

これらはすべて、自分の中に「しっかりしたもの」がないからです。


自分さえしっかりしていれば、何も怖いものはありません。


どんな状況でも、自分の責任において受け入れる決意さえあれば、もっと前向きな考え方ができるでしょう。


まさに今の関係は、自分が当事者なのですから、「当事者として」考えるべきなのです。


いつまでも、相手に振り回されていてはいけません。


相手には振り回そうという気持ちはなく、自分が勝手に振り回されているだけなのです。


「追いかけ症候群」になってはいけない。


恋愛や人間関係は、競争ではありません。


「自分を高める一つのきっかけ」なのです。


壁を乗り越えて体力がつくように、心に「体力」がついてきます。


実際、恋愛だって人間関係だって、その場限りではなく、永続的に発展してほしいはずです。


もっと言うなら、「人生そのもの」を、もっと広い視野から眺めるべきだと考えます。


そのためには、時に困難も必要です。


「今の困難も、きっと未来に役に立つ」

そう思うことが、まさに「心の体力」です。


思うだけではなく、実際にそうなのですから。


「本当の幸せ」とは、きっとその過程の中で発見できるに違いありません。



メールマガジン

1万人を虜にする魅惑のトーク術は、さらに濃密な内容を、あなたのメールボックスにお届けします。

購読は無料。ぜひ「購読申し込み」をしてください。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
追いかけることは、必要ではありません。

「自分を高めること」が、必要なのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━



メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク