読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「理想」を捨てて「理想」を実現する話


こんにちは。上村です。



僕は、困った時、行き詰った時に、考えることがあるのです。


考えるというか、「自分に言い聞かすこと」です。


『理想は捨てて、今あることに集中しよう』



すると不思議なことに、道がだんだん開けてくる。


ジッと考えていても思い浮かばなかったアイデアが浮かんでくる。


いや、それ以上に、とても気持ちが「前向き」になっていく。


「プラス思考になろう」と思っても無理だったのに、理想にこだわらなくなった瞬間、前向きになることができるのです。



こう書くと、誤解があるかもしれませんね。



「理想を持つのはそんなに悪いことなのか」と。



もちろんそんなことはありません。



理想は大切です。



理想に向かって努力している人は、素晴らしい。


『青年よ大志を抱け』という、クラーク博士の言葉があります。



もちろん青年だけではありません。



年代に関係なく、「理想」や「大志」を抱くことは、とても素晴らしいことです。



「本来の理想」なら、とてもいいことです。



理想は、「こころざし」という意味なら、とても大切です。



ところが、場合によっては、自分の理想が自分を苦しめることがあります。



「○○でなければならない」という考え方になるのです。



自分自身にこだわってしまうのです。



これは理想のように見えて、実はそうではない。



自分のことでがんじがらめになっているのです。



例えば、こんな例を考えてみましょう。



「妻は夫を立てるべき」と考えている旦那さんがいるとします。



もし、奥さんが自分を立ててくれなかったら、どう思うでしょうか?


不満を感じるでしょう。


でも、この考え方そのものが、結構、自己中心です。



「夫婦はお互い立て合うべきだ」なら、まだわかります。



でも、この場合は、自分の立場で自分の利益を考えているだけです。



本来の意味の理想とは違うのです。



かつて僕の先輩に、「あれをやってはいかん、これをやってはいかん」ばかり言う人がいました。



この先輩もまた、ある意味「理想」を持っていたのです。


「完璧な後輩」を求めていたのです。


しかしそんな理想が叶うわけもありません。



結局人を縛り付ける言動が多くなって、周囲から避けられていきました。



冒頭に書いた、『理想は捨てて、今あることに集中しよう』という言葉。



この「理想」とは、自分自身の欲得だけにこだわった理想のことです。



これは本当の意味の理想ではありません。



間違った「理想もどき」は捨て去ればいいのです。



そうすれば、「本来の理想」が見えてきます。



具体的に見えなくても、漠然とでも、それを感じることができるのです。



だから気持ちが前向きになっていくのですね。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

欲得だけの理想は、自分を苦しめる理想です。


それを捨て去れば、本当の意味の理想を感じることができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク