読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

好きな人の気持ちがわからず悩んでいる人へ


こんにちは。上村です。



あなたは、姑息なことをしてしまったことはないでしょうか?



恋愛などで、よくあるかもしれませんね。



同じ職場に、好きな人がいる。



「帰るのですか?自分もそう。いっしょに帰りましょう」


と偶然の装う。



実は、相手が帰る時間を見計らって、慌てて仕事を片付けていたりとか。(笑)



自然にそうなるならいいのですが、作為的に出会いを演出しても、なかなかうまくいきません。



中には、自分の恋心に振り回されて、相手の嫌がることをしてしまうこともあります。



要するに、姑息なことをするからそうなるのですね。



姑息な人に、魅力を感じる人はいないでしょう。



姑息なことをすればするほど、自分から魅力が失われます。



相手を縛り付けようとするのは、自分から魅力を消しているのです。



「偶然を装う」などは、根底に、相手の行動を縛り付けようとする気持ちがあります。



それでは相手も逃げるし、自分も辛いだけです。



もっと堂々としていることです。



タイミングが合えばいいし、なければそれも仕方がないと割り切ることです。



自然が一番です。



もちろん、努力を放棄しろなどと言っているのではありません。



むしろ逆です。



そんな、どっちでもいいことに神経を使うくらいなら、「正しいこと」に力を向けるべきです。



「自分をしっかりさせること」に努力を傾けるべき。



自分の恋愛ばかりにとらわれて、相手のことをまるで考えなくなってしまう人がいます。



相手が嫌がっているのにしつこくするような人は、まさにそうです。



これでは本末転倒です。



親しくなるというのは、相関関係です。



相手に振り回される人もまた、自分の感情に振り回されています。



相手は振り回そうとしているわけではないのです。


自分が勝手に振り回されているだけです。



相手がどうかよりも、まず「自分に向き合ってみること」です。


「果たしてこれでいいのだろうか?」「落ち着いた考えとは何か?」

そう自分自身に問いかけるのです。


すると、何らかの答えがきっと出るはずです。


振り回されることはやめて、「自分本来の気持ち」に忠実になるべきです。



辛くて仕方がないのは、どこかに無理があるからです。



それが意義あることなら、たとえ辛くても、根底には前向きな気持ちがあるものです。



乗り越えていこうという気持ちがあります。



ちょっとしたことで気持ちが萎えるなら、相手の気持ちよりも、まず自分の気持ちを考えてみるべきです。



本当の愛情とは何かを考えていくことです。



追いかけることと、思いやりは違います。



求めることと、支えることは違います。



束縛することと、恋愛は違います。



もっと、「本来の自分」を取り戻していくことなのです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

恋愛や人間関係に行き詰ったら、「自分の気持ち」を考えてみよう。


「本来の自分」を取り戻すことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク