読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

飲めない僕の宴会事件


こんにちは。上村です。



どんな職場にも、「お酒を無理に飲ませようとする人」がいるかもしれません。



アルコールが苦手な人にとっては、やっかいな相手。



宴会や飲み会は、「危険地帯」です。


酒を断ろうものなら、「おもしろくない奴」とレッテルを貼られる。


しかし、おもしろいとかおもしろくないの問題ではありません。


下戸にとって、酒は辛いもの。


「飲め」というのは、一種のパワハラです。


でも、相手は、お構いありません。


「オレが飲んでいるのだから、後輩も飲むべきだ」という、よくわからない論理を振りかざす人もいます。



ところで、あなたに質問です。



あなたが、もしアルコールが苦手だとして、無理強いされたら、どう対処するでしょうか?



「飲まなくても相手を納得させる方法」って、あるのでしょうか?



実はあるのですね。



そこで、僕の実体験をお聞きください。



僕は、あまり酒が飲めません。


あれは新入社員の頃でした。


職場で、一泊旅行があったのです。


夜は宴会。


新人の僕は、恒例のごとく、先輩から「集中砲火」を浴びました。


先輩たちは、「飲め、飲め、飲め」と、何かにとり憑かれたように、僕に迫ってくる。


「飲めないのですが・・・」と一応断った。



でも、そんなことを聞き入れてくれる人たちではない。


先輩の中には、自分が新人の頃、同じように大量に飲まされた人がいました。



「今度は新人にその思いをさせてやろう」と思ったのでしょう。



悪しき伝統ですね。


一方、ただ単に、「楽しいから新人に飲ませろ」というお調子者もいた。


いずれにしてもターゲットは僕です。


断りきれず、ちょっと飲んだのですが、気分が悪くなってきました。


でも、次から次へと、酒が注がれる。


(これ以上はマズイ)と僕は思って、無意識のうちに「ある行動」に出たのです。



どさくさにまぎれて、「大量の酒」を飲んでいるフリをしたのです。



コップに頻繁に口をつけて、さも飲んでいる風を装った。


いくら集中砲火を浴びても、宴会は多数が参加しています。


僕だけにかかわっている人はいない。


そこをうまく利用して、あたかも飲んでる雰囲気をかもし出したのです。


で、頃合を見計らって、「う~、気分悪い」とその場にぶっ倒れる。


さすがに、ぶっ倒れている人に、まだ酒を飲まそうとする人はいません。



するとだんだん自分の元から人が消えていきます。


もちろん、親切な人もたくさんいます。



「大丈夫かい?」と声をかけてくれました。



酒から僕を守ってくれたのです。


無事に解放されたのですね。


まだまだ余力はあったので、何とかセーフ。


嫌いなお酒を、飲みすぎることもなかったのです。


一応作戦成功。


でも、問題はここからなのです。



この後、しばらくしてから、また職場で飲み会がありました。



以前の宴会で、潰れたところを見せています。



「上村は酒が弱い」ということは、同僚に認知されているはず。



(今度は、無理に飲まそうとする人はいないだろう)と、タカをくくっていたのです。



でも世の中、そんなには甘くなかった。


次の飲み会でも、またもや集中砲火。


「飲め、飲め、飲め」と大合唱。


まるでオカルト集団です。



「酒飲ませ教」にでも入っているのだろうか?(笑)



(オレが酒に弱いことを知っているのに、なんてひどい)と内心思ったのですが、もちろんそんなことは言えない。



またエライ目に合ってしまったのです。



この後、僕は考えました。


もちろん新人ですから、しょうがないといえばしょうがないのですが、何か自分に間違いはなかったのだろうか?


職場を見渡すと、若手なのに、「自分は飲めません」と言い切って、泰然としている同僚もいました。


その人が、酒を飲まないからといって、絡まれるわけではなかったのです。


そんな人には、「オカルトたち」もあまり絡まない。


一方、僕は、さっき書いたような有様です。



どうしてこうなってしまうのか?



自分を省みて、そこからとても大切なことがわかったのですね。



次回にそれを書いてみましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コソコソした態度は、自分をピンチに陥れます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「追いかける人から、追いかけ回される人になる」全方法


ここには「愛されるためのあらゆる英知」が詰まっています。


今すぐ、それを知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク