読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「ハッキリ言う時」の話


こんにちは。上村です。



前回のブログ で、「飲めない僕の宴会事件」の話をしました。



僕が新入社員の頃の話。



「飲んだフリ」をしたのです。



周りは、「何だあいつ、飲めるじゃないか」と思ったはず。


「少しは飲めるのだから、無理強いしても大丈夫だろう」


という気になったのでしょう。


「弱いけど飲める。それじゃ、もっと飲まそう」


みたいなことになったのです。(実際は、全然ダメだったのに)


僕はそれ以降、飲み会があると、一転して今までと違った態度に出ました。


飲めない酒でしたが、無理に飲むことにしたのです。



今度はフリではなく「本当に」です。


ほとんどやけっぱちでしたが、当然ながら大変だった。



気分が悪いどころではありません。



吐くし、それはもう大変。


でも、半ば飲み会の「脅迫的雰囲気」に反発していたので、ヤケになっていました。


その結果、体は辛かったのですが、それをきっかけに、無理に僕に酒を勧める同僚は減ったのです。


宴会で誰も絡んでこない。



つまりはこういうことですね。


今度は酒をガンガン飲んだので、周りはその態度にビックリしたのです。


遠慮なく酒を飲む人間と、飲み比べする人はあまりいません。


「あいつは手ごわいぞ」


となったのですね。


もちろん、飲めないのに、無理してガブ飲みすることを勧めているわけではありませんよ。


僕は幸い無事でしたが、場合によっては急性アルコール中毒になりかねない。


酒が合わないなら、無理に飲む必要はないのです。


僕が言いたいのは、酒を飲むとか、飲まないとかではありません。



「自分自身の態度が、いかに周りに影響を及ぼすか」


ということなのですね。


宴会で、「飲んだフリ」をした自分。


それは中途半端な態度だったのです。


「飲むなら飲む」「飲まないなら飲まない」とハッキリさせるべきだったのです。


新人の頃ですから、「飲めません!」と断るのは勇気がいるでしょう。


でもそこは、本当に飲めないなら、「すいません、お酒はダメなんです」とハッキリ言った方がよかった。


一応言ってはいましたが、言葉に心がこもっていなかったのです。


それは、「断ったら悪い印象を与えてしまう」と思ったからですね。


でも、遠慮することはなかったのです。


「飲めません」と言った結果、「おもしろみのない奴」と思われても、それはそれでいい。


というか、人間のおもしろみを、まさか酒だけで判断する人はいないでしょうから、そんなことを気にしてはいけない。


ここはしっかり、自分の感情を素直に出す場面だったわけです。



でもそれがうまくいかずズルズルしていたので、次の飲み会でも、集中砲火を浴びた。


ところが態度をあらためて、いい悪いは別ですが、無理に酒をガブ飲みした。


すると、自分の中途半端さが消えて、相手につけいる隙を与えなかったのですね。


「感情の出し方」に成功したのです。


それが相手に影響して、酒の強要をする人がいなくなったわけです。


もちろん、人間は、いつもそんな白黒ハッキリつけてはいられないかもしれない。


でも、「ここぞという時」には、『言い切り』が必要です。


中途半端な言い方は、相手の心には響きません。


イヤなことはイヤでいい。好きなことは好きでいいのです。


もちろん「感情の発揮」というのは、難しい面もあります。


気に食わない人に向かって、「あなたが嫌いだ」と言うわけにはいきません。(笑)


だから、「ここぞという時」ですね。


その時に感情を発揮してみる。


飲めない酒を無理に飲むほど辛いことはありません。


だから、これが「ここぞという時」なのです。


好きな異性に思いを伝えるのだって、「ここぞという時」です。



あなたの「ここぞという時」は、何でしょうか?



その時が、感情を発散するチャンスです。



念のために言っておくと、ここでいう「感情」とは、喜怒哀楽という意味ではありません。



自分の意志ですね。



それを素直に出すということです。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「自分の意思を伝えたい時」こそ、感情を発揮する時です。


その時は、ストレートに話してみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「追いかける人から、追いかけ回される人になる」全方法


ここには「愛されるためのあらゆる英知」が詰まっています。


今すぐ、それを知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク