読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

小心を突き詰めると、大胆になる話


こんにちは。上村です。



僕が学生時代のこと。



書店で、「好きな女性タレントの写真集」を買おうと思いました。


ところがです。


どうも気が引けたのです。



恥ずかしかったのです。


それに、書店のレジの店員さんが、女性でした。


何も思われたりはしないでしょうが、結局、買わずに店を出てしまったのです。



実は、何回かこういうことを繰り返しました。



ある時などは、写真集の代わりに、歴史小説を買った。(笑)



(オレは何をしているのだろう?)と思いました。



歴史小説を買いに行ったわけではないのに。



僕は、結構、気が小さかったのですね。



それくらいのことができなかった。



でも、よく考えてみると、似たようなことは誰にでもあるかもしれない。



こういうのはほんのささいなことですが、もっと大きなこともありますね。


例えば、「今日は異性に告白する」と決心する。



しかし、顔を合わせたら、何も言えなくなってしまうのです。


そんなことを頻繁に繰り返せば、だんだん自信を失っていきます。


「どうして自分は、肝心な時にちゃんと言えないのだろう」


と自己嫌悪を感じる。


あるいは、仕事でもそうですね。



自分の意見を言いたいけど、いざとなると言葉を飲み込んでしまう。


上司に促されれば話しやすくなるのですが、そういうのはない。


結局何も言えず、欲求不満になるのです。


「小心な自分からオサラバしたい」と節に願います。



そして、大胆になった自分を想像するのですが、現実は、至る所でそれが裏切られ、また落ち込んでしまう。


いったい、どうしたら大胆になれるのか?


自問自答を繰り返すことになります。


では、いったいどうしたらいいのでしょうか?


小心な人が、大胆になる方法があるのでしょうか?



「なるほど、今回は、大胆になる方法が書いてあるのだな」


と皆様は思われたかもしれない。



しかしそうではないのです。


僕が言いたいのはそういうことではなく、「小心」というのを別の角度から考えてみたいのですね。



少し視点を変えてみましょう。



小心というのは、意外に「大胆」につながっているのですよ。



気の弱さや小心を気にする必要などないのです。



それは、逆の面で言えば、「細やかさ」に通じる部分でもあります。



ないものを求めるより、「今あるいいいもの」を活かすこと。



これこそが、真の意味で大胆ということなのです。



では次回に、続きを書いてみましょう。




今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小心を嘆く必要はありません。


それを突き詰めれば、大胆につながっていることがわかるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。


     1.追いかけるのをやめる

     2.「途方もない愛される力」を実践する


今すぐ、「真理」を知ってください。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク