読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

「自分はあの人のことをこんなに考えているのに、 あの人は見向きもしてくれない」は、本当か?

こんにちは。上村です。


昔の話です。


ある時、僕は突然、「歯」が痛み出しました。


元来、歯は健康な方だったのですが、
どうも調子が悪い。


痛みが増してきました。


歯痛の痛さはたまりませんね。


もう、悩み事などどうでもよくなってきます。


嫌な上司のことなど、どうでもよくなります。(笑)


「それより、この痛さをナントカしてくれ」

と思います。


歯医者さんに駆け込みました。


歯医者に行くのは、15年ぶりくらい。


15年前は、歯がちょっとだけ欠けて、詰めてもらったのです。


それ以来の、歯医者さん。


今回も、15年前と「同じ歯医者さん」のところに行きました。


名前が呼ばれて、さっそく医師に診てもらいました。


検診台に横たわって、口を開けると、その先生がふいに、

「すいぶん前に来られたことがありますよね?」

と言うのです。


僕は口を開けながら驚きました。


15年前に診てもらった先生と、「同じ先生」だったのです。


それは別に驚くことはないですが、
先生が「ちゃんと覚えていたこと」に驚いたのです。


受付から、聞いた形跡もありません。


じゃあ、僕の顔を覚えていたのでしょうか?


いや、そんなことはありません。


有名人でもないし、
指名手配されているわけでもないのです。(笑)


そんな人の顔を一度見て、
15年もずっと覚えているとは考えにくい。


では、どうしてその先生は覚えていたのでしょうか?


実は、僕の「歯」を覚えていたのです。


「キレイな歯だったので、よく覚えているんですよ」

と先生。


顔は覚えていなくても、歯で覚えていたのです。


「さすが、歯医者さん」

と思いました。


念のために言っておくと、これは何も、
自分の歯がキレイなのを自慢しているわけではありません。


それに、キレイなのは歯くらいなので。


いや、それ以外に、心もキレイです。(笑)


それはともかく、手当してもらって、何とか落ち着きました。


さて、歯痛の時は、冷静に考えることができなかったのですが、
後から思い返したことがあります。


何を?


つまり、

「医師が僕の歯を一回見ただけで、15年間も前のことを思い出した」

ということですね。


なぜ、そんなことが可能だったのでしょうか?


つまり、「患者のことをよく見ていたから」だと思います。


「よく見ている」といっても、
ジロジロ凝視しているという意味ではありません。


「落ち着いて見ている」ということです。


歯に興味があるのですが(歯医者さんだから当然)、興味あるものはよく覚えています。


その興味は、「理性的」なものです。


ひるがえって、これを恋愛や人間関係で考えてみましょう。


特に恋愛では、理性的な判断ができず、
一時の感情で物事を判断してしまうことがあります。



すると、さっきの患者の例とは逆で、
相手のことを「偏見」で見てしまうこともあるのです。


「自分はあの人のことをこんなに考えているのに、
あの人は見向きもしてくれない」

と思う。


でも、果たして本当にそうでしょうか?


相手のことを考えていると言いながら、
単に悩んでいるだけなのではないでしょうか。


相手のことを考えていると言いながら、
自分がどう思われているかだけを気にしているのではないでしょうか。


一度冷静になって、物事を「落ち着いた目」で見てみることです。


きっとそこから、
落ち着いた「思いやり」を発揮していけることでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一時的な感情に右往左往して、長期的なことを忘れてはいけません。

落ち着いた中から、真の愛情が発揮されていくことでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク