読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

好きなのに相手のことがわからなくなるのは、相手のことを知ろうとしているのではなく、「自分に関心を向けさせよう」としているから

こんにちは。上村です。


前回のブログで、

「歯医者さんが、顔ではなく歯を覚えていた」

というお話をしました。


先生は、どうして僕の「歯」を覚えていたのでしょうか?


それは歯に興味があるからですね。(歯医者さんだから当然)


だから顔は覚えていなくても、歯は覚えていたのです。



例えば、僕は昔、予備校で進路指導の仕事をしていました。


その時は、「大学について」とても敏感だったのです。


受験関連のニュースに注目してしまう。


「○○大学で学部が新設された」とか、「入試問題の傾向」とか、いろいろ敏感になります。


『医学部受験の心得』など、今なら絶対読まないような本も、当時は読んでいました。


要するに、職業にしていたので、興味があったわけです。


興味というのは、「記憶力」を高めます。


こういう理屈でいくと、「好きな異性のことは、誰よりも知っている」ということになりますね。


興味があるから、記憶に残る。


印象に残っていくわけです。


しかし時として、そうならないこともあります。


恋愛のような、複雑な感情が混じってくると、すんなりいかないことがあります。


「好き=知る」という公式が、公式通りにならないことがあるのです。


恋愛感情が、あまりにもすべてを支配してしまって、かえって相手を冷静に見れないことがあります。


好きな人と会話する。


普通に会話すればいいのに、妙に自意識過剰になってしまうのです。


「自分に関心を向けさせよう」
「好意を伝えよう」

などと思い過ぎる。


その結果、妙にぎこちなくなってしまう。


なぜか相手を怒らせるようなことをしてしまう。


そんなこともあります。


気持ちがすんなり伝わらなくなっていくのです。


では、どうしたらいいのでしょうか?


初めの頃の「素朴な気持ち」を思い出すことです。


出会った当初は、関係がトントン拍子に進むことがありますね。


ややこしい感情に支配されず、純粋な気持ちがあったからです。


ところが関係が進んでくると、相手に対して要求が強くなります。


相手のことを理解しようと気持ちより、自分の都合に振り回されることが多くなる。


相手に振り回されるというよりも、「自分で自分に振り回されている」のです。


疑心暗鬼になって、交際が楽しいものから、「心配するもの」になってしまう。


そうなると、だんだん関係がおかしくなります。


この場合、対処法は一つ。


「素朴な気持ち」を思い出すことです。


何かに行き詰った時、「一から始めます」と言う場合がありますね。


これは、過去に戻るという意味ではなく、「再スタートします」という意味です。


「心をすっきりさせる」という意味です。


アクセルを踏みすぎたり、ブレーキを踏みすぎたり、極端になった気持ちを、もう一度ニュートラルにしてみるのです。


自分が「ややこしくなく」なれば、環境も「ややこしくなく」なっていくものです。


すっきりした気持ちは、きっとすっきりした環境をもたらすことでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
心をニュートラルに。

すっきりした気持ちは、きっとすっきりした環境をもたらすことでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク