読まないと後悔する「プレミアム・メールマガジン」

最新記事

月別アーカイブ

どうしていいかわからなくなったら、道を探すより、信じることが大切

こんにちは。上村です。


突然ですが、実際自分がやってみて、
「あれ、何か違うな?」と思ったことはないでしょうか。


僕が小学生の時。

学校で、「ファーブル昆虫記」についての授業がありました。


ファーブル昆虫記って、
きっとあなたも聞かれたことがあると思うのです。


ファーブルという学者が、昆虫の習性を研究して、
それをまとめた著書ですね。


そこに、「アリ」に関する記述があった。


アリの中には、列を作るものがあるそうです。


例えば、エサを置く。

すると、アリは列を作って、そのエサの場所に行きます。

そして、エサのかけらを持って、巣に帰っていく。


その間、道に迷わないのです。

なぜ迷わないのか、不思議です。


人間だって、道に迷うことがありますね。


なのに、アリは迷わない。

アリえない話です。(笑)


授業で聞いて、「へえ、そうなんだ」と思いました。


そこで僕は、自分で実験してみることにした。


当時は、自宅に庭があったのです。

アリが結構いました。


実験するには、アリがたい環境。

(ダジャレもしつこく言えば、それなりにおもしろくなるものです)



さて、僕は、ひとかけらの砂糖をつまみ、土の上に置いてみました。


ちょうど、アリが何匹かいたのです。

なかなか見つけてくれませんでしたが、やがて一匹のアリがそれを発見。


やがてたくさんのアリが、群がってきました。


そこで僕が考えたのは、

「きっと、アリは一列になって、
エサと巣の間を行き来するに違いない」

というもの。


なぜって?


だって、ファーブル昆虫記に書いてあるから。

その通りになると思ったのですね。


ところがです。

そんな絵に描いたように一列になど、ならなかった。


なんか、秩序なくエサに群がり、秩序なく巣に返っていくような、
そんな光景だったのですね。


「おかしいな。こんなはずではない」
と思いました。


頭の中で描いていた図と、かなり違うような。


しかし、ファーブルがウソを言うわけはないでしょうし、
第一、学校の授業でそう学んだのです。


でも、現実に、目の前のアリは、想像とは違いました。


「アリえない」

僕は叫んだのです。(ダジャレはそろそろ無視(虫)してください・・・笑)



まあ、でも後から考えてみると、
アリが一列になって、一糸乱れないような状態とは書いていなかった気がします。


そんな体育祭のようなアリはいない。

僕が勝手に、頭の中でそのようなイメージを作っていただけだったのです。


しかし、こういうことはあるものですよ。


実際自分がやってみたら、想像していたものとは違うような場合です。

自分が思っていたことと現実が違えば、混乱することもあるでしょう。


「上司は、次の課長は君だと言ってくれたのに、
別の同僚が課長になったぞ」

なんてこともあるかもしれない。


しかし、新しい現実がそうであるなら、それを素直に認めることが大切です。


真面目な人ほど、現実に起こったことを受け入れられず、
ピタリと心の門を閉ざしてしまうことがあります。


しかし、真面目さというのは、
心にフタをすることではなく、進歩のために使っていくべき。


誰もが、「こんはずじゃない」という出来事に出くわします。


今までの人生を振り返っても、実際そうだったでしょう。

「こんははずはない」と思うことがたくさんあったはず。


しかし、その時こそが、まさに「進歩している時」です。


「こんなはずはない」と思うことは、
実は「自分にとってなくてはならないこと」だと思います。


アリは、それぞれ、あっちにこっちに行きながら、
でも最後はしっかり巣に戻ってきます。


絵に描いたような一列はありません。

人生は、体育祭の行進ではないので。


誰かの命令で行進するのではなく、自分が迷いながら道を見つけていく。


何も、一人でほっておかれるわけではありません。


一説によると、アリは何かのフェロモンを出して、
後から来るアリはそれを道しるべにしているらしい。


同じようなことは、きっと人生にもあると思う。


道しるべは、必ず用意されています。

しかし、不満だらけで、悲観的な気持ちだと、その道しるべになかなか気づかないもの。


そんな時こそ、「必ず道は開けるのだ」と強く思うこと。

たとえ時間がかかっても、少しずつその通りになっていくでしょう。


もし今、何かで迷っているなら、それは決意のチャンスです。

しっかり前に進んでいけることでしょう。


プレミアムメールマガジンでは、その「道しるべの見つけ方」を詳しく書いています。


今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いつだって、「道しるべ」はあるので心配はいりません。

あなたにとって不都合なことは、
実は「大きな道しるべ」になっているものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






扉は開かれるためにあるので、何も心配ない話

こんにちは。上村です。


あなたは、突然「ピンチ」になったことはないでしょうか?


誰にでもあるでしょう。
予期せぬピンチ


僕は昔、予備校で働いていましたが、その時の話です。


何かの営業で、ある高校に行ったのです。

受付を通して、進路担当の先生に会いました。


用事を済ませて帰ろうとすると、
「校門が閉まっていた」のです。

鍵もかかっていました。


(来た時は開いていたのに、どうして?)


運動場を見ると、その日は体育祭。


外から不審者が入ってこないように、
閉めたのかもしれない。


それは、安全上の意味でいいことです。

しかし、もし僕が不審者なら、
もうすでに不審者は入っていることになるではないか。(笑)


もちろん、僕は用事があって来たのですが、
門はピタリと閉ざされ、出ることができない。


「しまった!」

と思いました。(古典的ジョークをお許しください)



僕は、再度受付に行きました。

もちろん、門を開けてもらうためです。


ところがです。
さっきまでいた受付の人がいないのです。


用事か何かで、どこかに行ったのでしょう。


「そのうち返ってくるだろう」と思ったのですが、
なかなか戻ってきません。


その間、僕は外に出ることができない。


進路指導の先生に事情を説明して、開けてもらうことも可能です。


しかし、受付を通さないで、再度校舎内に入るのは気が引けました。


「どうしよう?」と思った。

「しまった」と思った。(それはいい)



まあ、どうしようもないですね。
受付の人が帰ってくるのを待つしかない。


(でも、いつ返ってくるのだろう?)
と不安になりました。


僕には、その後も行くところがあります。

いつまでも、閉じ込められているわけにはいかないのです。


(受付の人が用事で外に出かけて、
かえってくるのが夕方くらいになったら・・・)

などと、余計な妄想が沸いてきます。


そんないい加減な受付はないと思いますが、
学校というのは、浮世離れしたところもあったりします。


今はどうか知りませんが、
当時は、高校に行ったけど、「受付に人がいない」なんてこともあったのです。


でも、さっきはいたのですから、信じて待つしかない。

後の仕事ができなかったら、どうしようかと思いました。


職場に帰って、

「すいません。高校に軟禁されていて、
その後の仕事ができませんでした」

と言うしかない。(笑)



・・・みたいなことを考えているうちに、やっと受付の人が戻ってきました。


事情を話し、門は無事に開かれたのです。


ついに扉は開かれました。

人生の扉が。(大げさ)



ところで僕は、門が閉まっている間は、
「このまま開かなかったらどうしよう」と不安を感じました。


その後に、まだ行くところがあったので、
焦りの気持ちが不安にさせていたのです。


しかしまあ、門がいつか必ず開きます。


当たり前のことですが、心配事が重なると、
冷静な考え方ができなくなることがあります。


後から振り返って、

「どうしてそんなことを心配していたのだろう?」
と不思議に思うこともあります。


もし僕が焦って、門の上から乗り越えようとしたらどうなっていたでしょうか?

怪我をするかもしれないし、通報されるかもしれない。


そんなことはもちろんしませんが、
でも焦っていると、普段では考えられないようなことをする場合もあるものです。


そんな時こそ、気持ちを静めて、落ち着く必要があります。

門に、モンモンとしている場合ではないのですね。


受付の人がいなくても、誰かはいるわけですし、その人にお願いすればいい。


こう考えてみると、真の前向きというのは、
「落ち着いた精神」から発せられるものだと思います。


では、落ち着きとは何かといえば、
それは何もないことを意味しているのではありません。


むしろ、「落ち着けない状況だから」こそ、落ち着きが鍛えられます。


何かにビクビクしていると、
「これ以上は何も起こらないでくれ」
と願ったりするかもしれません。


でも、意に反して、新しい問題が起こる。

そんなご経験もあるでしょう。


そういった場合、何も起こらないようにと願うのではなく、
「何が起こっても克服していけますように」と願う方がいいのです。


「何かをしてほしい」ではなく、
「何かを克服できますように」と願った方がいい。


そうすれば、自分が考えているほど、問題は大きくないことがわかります。

自分の妄想が、やたらに問題を大きくしていたのです。


起こった問題に文句を言うよりも、
それを「自分の可能性を発揮する絶好のチャンス」と考える。


すべてのいいことは、まず自分から行っていくべき。

そんな人は、必ずどこからか助けがあるものです。


こういうのを昔の人は、たった一文で表現しました。


いわく、

『天は自ら助くる者を助く』

と。



「最善を尽くしたら、もう何も心配はいらない」

ということですね。


実際、最善を尽くした後は、そう思えるものです。

自分の役目を果たしたら、もうそれでいい。


今度は人生がしかるべき役目を果たして、
あなたを少しずついい方向に進ませてくれることでしょう。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたにとって不都合なことが、あなたを高めてくれます。

不都合なことにも果敢に挑戦していく人は、
必ず誰かの助けがあるものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」
「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」


今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

「必ず知るべき究極の解決方法」です。



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






信じるべきは、おみくじではなく、自分の人生

こんにちは。上村です。


僕が子供の頃です。

家で、「刑事ドラマ」を見ていたのですね。


小学校から帰って、
ちょうど刑事ドラマの再放送をしていたからです。

要するに、古いドラマ。


その時の刑事ドラマは、アクションものが多かった。

刑事ドラマですから、そういうシーンもあるでしょう。


しかし、今から考えるとあまりにも
「現実離れしたシーン」がありました。


刑事が、実に簡単に拳銃を使用するのです。

犯人と銃撃戦など、しょっちゅう。

刑事が空き地で、射撃の練習をするシーンもありました。(笑)


荒唐無稽この上ありません。


しかし、子供の頃ですから、それにも対してあまり違和感なく見ていました。


「警官は大変だ。
毎日弾丸の中をくぐり抜けている」

とはさすがに思いませんでしたが(笑)、

何やら現実と空想の狭間で、刑事ドラマを見ていたような気がします。


でも、どうしてそんな荒唐無稽なシーンを、そこまで違和感なく見ていたのでしょうか?


子供時代というのもあるかもしれませんが、
それよりもドラマを「のめり込んで見ていたから」ですね。


内容はよくわからなくても、
いろいろハラハラするシーンが出てきますから、

子供なりに感情移入しながら見ていたのです。


そういうことってありますよね。


今から考えれば、おかしいことも、その時は別におかしいとも思わずにしていたようなことですね。



例えば、恋愛で、理不尽なことばかりされているのに、
それでも離れることができない。


しかし別れてみて、改めて、「こんなにヒドイ目に合っていたんだ」と気づく。

そんなこともあるでしょう。


また、逆もあります。


付き合っている時は、相手のよさがわからず、
別れてみて、「かけがえのない相手」だと気づく場合です。


どちらも、のめり込んでいるうちに、正しく物事を判断することができなくなってしまったわけです。



別に恋愛に限らず、そういうことってありますよね。


過去に自分のした行為が、ずっと後になって急に「恥ずかしい」と思ってしまうことがあります。


逆に、過去の何でもない行為が、
結構相手のためになっていたと思う時もある。


いずれにしても、時間や距離を置いて、
初めて「冷静に見る」ことができたわけです。


どうしても一時的なことにとらわれて、全体を見失いがちになることがありますね。



例えば、年始に神社で、おみくじを引いた方もおられるでしょう。


もし、「凶」が出たら、何となく気分が悪いですね。


でも、それは当っているのでしょうか?

ひょっとしたら、当っているかもしれませんよ。


だってその日は、おみくじで凶を引くという、
運の悪い日だったのですから。(笑)


まあ、これは冗談ですが、要するにそういうことがあるものです。


自分で「よくない日」と思うから、
それはよくない日になるということが。


冷静に考えれば、当たり前ですが、おみくじごときに自分の未来がわかるわけがありません。


自分自身ですら、自分の未来はわからないのです。


おかしな予言をする人にも、耳を貸してはいけない。



それはともかく、大切なのは、「今日の運勢」ではありません。


一年を通じて、調子のいい日もあれば、悪い日もあるでしょう。


でも、365日をトータルで考えて、
自分なりによくやったと思えれば、それでいいのですよ。


「照る日」も「曇る日」も「雨の日」も、
どんな日もそれなりに意味があります。


そういった心境になれば、一時的なことに右往左往しなくなって、
きっと物事もよくなっていくことでしょう。


何事も、長い目で見ていくことです。


そうすれば、日常のリズムがきっとよくなっていきます。



今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
何かに悩むと、ますます視野が狭くなって、出口が遠のく。

今日のよかった悪かったは、関係ありません。

長期的視野に立てば、必ず人生の流れをつかんでいくことでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「恋愛や人間関係でいつも苦しんでいる方」
「胸が張り裂けそうな愛の悩みを感じている方」


今すぐ、このプレミアムメールマガジンを読んでください。

「必ず知るべき究極の解決方法」です。



あなたが、恋愛や人間関係で「愛されない」と悩んでいるなら、たった二つの真理を知るだけで、それは解決します。

     1.追いかけるのをやめる
     2.「途方もない愛される力」を実践する

今すぐ、「真理」を知ってください。






メールマガジン(無料で購読できます)

メルマガ購読・解除
 

カテゴリ

プロフィール

上村英明

Author:上村英明
メールマガジン「1万人を虜にする魅惑のトーク術」(「まぐまぐ」より発行)の上村英明です。

「自分の気持ちが相手に伝わらず悩んでいる方」「人生の難問に行き詰っている方」「愛を実現したい方」を支える活動をさせていただいております。

メールマガジン、ブログ、ツイッター等で発信を続けながら、多くの方のご相談にも乗っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク